最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

私がジャックです――
殺人者の〈存在理由〉とは?
末期癌を宣告された医師・岬雄貴は、酒浸りの日々を送っていた。
ある日、不良から暴行を受けた岬は、復讐を果たすが、現場には一枚のトランプが――。
そのカードは、連続殺人鬼「切り裂きジャック」のものと同じだった。
その後、ジャックと岬の奇妙な関係が始まり……。
最注目作家、幻のデビュー作! 2年連続本屋大賞ノミネート、知念実希人の魅力が凝縮!
©Mikito Chinen 2019 Printed in Japan (P)2021 Audible, Inc.

レゾンデートルに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    11
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • sfh
  • 2021/12/01

お医者さんならではの表現とオーディオブック故の…

約20時間があっという間でした。
最後の方にはさすが作者がお医者様という表現があり、もうなんか凄かったです(笑)
お話もきれいにまとまってましたし、感動的なラストはうるうるしてしまいました。
ナレーションも凄くいい声で終始耳が幸せでした。演じ分けも完璧でした。長時間お疲れ様でした。ありがとうございました!

以下ちょいネタバレ?











ただ一点、割と大事な謎がオーディオブック故の弊害により判明してしまっています。防ぎ様も無いことなのですが、後半の大部分はそれのお陰でミステリー→ヒューマンドラマになってしまいました。通常の本は読んでないのですが、多分結構最後の方まで引っ張って判明する驚愕の事実だと思うのですが、その衝撃はオーディオブックでは皆無でした。

以下、残念に感じた箇所(超ネタバレ注意!)














三章2時間付近の田中刑事の声がまんまジャックの声の為、さすがにスルー出来ませんでした。
凄く特徴のある声なので、あれなんか急にジャック出てきた?と思ったらまさかの…
途中のジャックの仕事を隠す表現をしていたり、最後の方の松田刑事の「なあ田中よぉ!」という決め台詞も、いやそらそうでしょうね?としか思えませんでした。
まあ急に田中の声とジャックの声を変えてもそれはそれでミスリードだ!と言われそうですが…
ともかく私はこのお話のジャックは誰なのかという謎は最後の松田刑事の最高に格好いい「なあ田中よぉ!」で気づきたかったです。