最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

望み

著者: 雫井 脩介
ナレーター: 乃神 亜衣子
再生時間: 10 時間 56 分
カテゴリー: 現代文学
4.6 out of 5 stars (25件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

年頃の息子と娘を育てながら平穏に暮らしていた石川一登・貴代美夫妻。9月のある週末、息子の規士が帰宅せず連絡が途絶えてしまう。警察に相談した矢先、規士の友人が殺害されたと聞き、一登は胸騒ぎを覚える。逃走中の少年は二人だが、行方不明者は三人。息子は犯人か、それとも……。規士の無実を望む一登と、犯人でも生きていて欲しいと願う貴代美。揺れ動く父と母の思い――。心に深く突き刺さる衝撃のサスペンスミステリー。
©Shusuke Shizukui 2016 (P)KADOKAWA

同じ著者・ナレーターの作品

望みに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    15
  • 星4つ
    9
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    15
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • かねちゃん
  • 2020/04/17

リアリティ溢れる

平凡な家族に突如降りかかった事件。息子の失踪により家族は事件の渦中へと引き込まれる。息子が被害者なら死んでいる。息子が殺人犯ならば生きている。その狭間で揺れ動く家族と、世間やマスコミによる風当り。その様子が刻々と描かれる。かなりリアリティのある作品だと思います。手に汗握って引き込まれました。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 星長春
  • 2020/05/07

身につまされる内容であった

問題を抱えた子供を持つ父親として、なかなかに身につまされる内容であった

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ぱうん
  • 2020/05/30

心理学的

一気に聞いてしまいました。 ぐいぐい引き込まれていきました。 ナレーションも上手だったし、ストーリーも抜群でした。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2020/10/07

どちらとも正しいと言えない望み

絶望の先にさらに違う絶望が待っているとわかっていても望みを捨てる事はできず。その望みが人との間に溝も作ってしまう。 聴きながら自分はどうだろうと熟考してしまうがやはり答えは出てこない。 ここまで当事者目線で追体験するといつまで経っても答えを知りたくないと思ってしまう。でも、聴くのを止める事もできない。 絶望と望みは対になって絡み合ってくるんだと知りました。