最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

二〇二〇年初頭、アジアの一都市で発生した感染症は
爆発的に広がり、西側諸国のロックダウン、
さらには世界規模での経済停止という
前代未聞の事態を引き起こしました。

なぜ、中国は抑え込みに失敗したのか。
パンデミック(感染症の世界的流行)の発生を許した
先進諸国の初動の誤りはどこにあったのか。
甘い幻想に溺れることなく、第二波の直撃を避けるには
何をなすべきなのか。

本書でアタリ氏は、世界にまたがる
自身の情報ネットワ ークを駆使して
今回の危機の真相を明らかにし、

パンデミック後の世界を克明に描きます。
古代文明の時代から現代まで、
感染症は社会と経済の構造に変化をもたらし、
世界の勢力図を大きく描き換えてきました。

米中という二つの大国のひずみが露呈したいま、
今後の世界の覇権を握るのは誰なのか。
ヒトとモノの移動が制限されるなか、未来の個人、
企業、国家は何を指針としていくべきか。
ヨーロッパ随一の知性が訴えるのは、事実から目を
背けずに向き合い、真実を語ることの重要性です。

歴史を紐解き、現状を分析し、未来を見通す。
傍観者でも、隷属者でもなく、自ら主体的に生きる
存在となるために。

博覧強記のアタリ氏が、
二〇二〇年のロックダウン下のフランスで書き上げ、
日本語版刊行を前に、最新のデータに基づく加筆を
行った渾身の一冊です。

(本文の構成)
はじめに
第一章 命の値段が安かったとき
第二章 未曾有のパンデミック
第三章 一時停止した世界経済
第四章 国民を守り、死を悼む政治
第五章 最悪から最良を引き出す
第六章 命の経済
第七章 パンデミック後の世界
結論 「闘う民主主義」のために
©ジャック・アタリ (著), 林 昌宏 (翻訳), 坪子 理美 (翻訳) (P)2021 Audible, Inc.

命の経済~パンデミック後、新しい世界が始まるに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。