最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

  • 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

  • 著者: 久賀谷 亮
  • ナレーター: 小桧山 崇
  • 再生時間: 5 時間 20 分
  • 完全版 オーディオブック
  • カテゴリー: 衛生・健康, 代替医療・補完医療
  • 4.6 out of 5 stars (250件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

★【TVで話題沸騰!】シリーズ26万部突破!! 売行きNo.1のマインドフルネス入門書!
★イェール大で学び、精神医療の最前線・米国で18年診療してきた医師が語る!
★「脳疲労」がすぐ消える「科学的に正しい」脳の休め方とは?

◎何もしなくても「脳」はどんどん疲れていく…
脳の消費エネルギーの60~80%は、
デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)に使われています。
DMNとは、脳が意識的な活動をしていない アイドリング状態でも動き続ける脳回路です。
この回路が働き続ける限り、ぼーっとしていても、 脳はどんどん疲れていくわけです。

◎いくら身体を休めても、「疲れがとれない」のはなぜ?
「何もしていないのに、なぜか疲れが取れない」という人は、
このDMNに過剰な活動を許してしまっているのかもしれません。
つまり、DMNの活動を抑える脳構造をつくり、 脳にたしかな休息をもたらすことこそが、
あなたの集中力やパフォーマンスを高める最短ルートなのです。

◎脳には脳の休め方がある
著者は精神医療の最先端イェール大学で学び、
ロサンゼルス郡でクリニックを開業した精神科医の久賀谷亮氏。
先端脳科学に基づいた「TMS磁気治療」などと並んで、
科学的な脳の癒し方として注目を集めているのが、 瞑想やマインドフルネスです。

世界的に有名な企業や経営者・アントレプレナーたちも、
こぞってこの方法を取り入れ始めているのはなぜなのか?
それは、瞑想が単なるリラクゼーションメソッドから、
「脳科学的に実証された休息法」へと進化しつつあるからです。

マインドフルネスは脳科学の最前線とどう接触しているのか?
イェール大学を舞台にしたストーリーを楽しみながら、「科学的な脳の休め方」がわかる一冊!!  
 

©2016 Akira Kugaya (P)2019 Audible, Inc.

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まるに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    173
  • 星4つ
    54
  • 星3つ
    18
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    119
  • 星4つ
    45
  • 星3つ
    35
  • 星2つ
    7
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    126
  • 星4つ
    55
  • 星3つ
    19
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    2

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 正直な人
  • 2020/02/23

まさかのストーリー物

瞑想のことを勉強しようと思い、なんとなく「瞑想」のキーワード検索から出てきた本を選びました。
難しい内容かなと、思いながら、何気に聴いていると、
途中からドラマ形式になり、
瞑想を通じて成功していく女性の物語に。
内容もしっかりしていて、途中泣いてしまうような感情になりました。
これは素晴らしい本です。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2020/08/20

内容は満点!

内容は満点でした。
女性の登場人物は女性のナレーターがよかったです。
少し気になってしましました。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • 白波
  • 2020/02/14

難解な研究結果を上手くストーリーに落とし込んでる。要点は各所に散らばりがち。

マインドフルネスに関する難解な研究内容を、「ベーグル店を立て直す」というストーリーに上手くはめ込んでいる。

冒頭では要点を全てザッと説明しており、実はここだけで本書の根本的な主張は全て吐き出されている。
その後に続くベーグル店立て直しのスト―リは、主張に説得力を肉付け・補足するためのもの。

内容は薄く感じるが、瞑想を通して
「今現在の自分に目を向ける」
「体の疲れではなく脳の疲れを取る」
という視点を持たせてくれたことは大きい。

実践にはとにかくハードルが低い事ばかりなので、やってみようかなという気もちにはさせてくれる書籍だった。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2020/02/05

実践してみます。

毎日たくさん寝ても眠くてなかなか作業が捗りませんでした。この本に従って瞑想の時間をつくっていくと頭が軽くなるというか、スッキリするというか、目の前のことに集中できるようになった気がします。

そして夜も前と比べてしっかり眠れて、日中も眠くてなることが少なくなりました。

買って良かったとおもいます。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 谷昌憲
  • 2020/11/29

audibleで聞くべき最高の一冊

マインドフルネスの仕方や、それによって得られることを分かりやすく書いてあります。
audibleなので、ストーリーなども読むのに比べ頭に入ってきやすいも思います!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2021/06/14

聞きやすくてよかったです。

女性のセリフが男性なのが気になるとレビューにありましたが、そこまで気になりませんでした。普通に聞きやすかったし、頭に入りました。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • koji
  • 2020/08/01

ストーリー仕立てで分かりやすい

瞑想がいかに優れた休息かがストーリー仕立てでよく理解できた。ただ、ナレーションが男性なのに女性の声をしているのが、どうしても違和感があった。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2021/07/15

今すぐやってみたくなる

心を見透かされたような感じて、タイムリーな内容のナレーションが入りドキッとさせられた。マインドフルネス、ぜひ習得したいと思いました。

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • サーントス
  • 2021/07/13

ストーリーいりません。

途中からストーリー仕立てになりますが、正直聞くに堪えないほどクセが強いです。
「フオッフオッフオッ」「スーパー」が口癖の教授が現実にいるとは思えないから、もっと普通でいいのに。
オーディブルは最低でも2回は聞くようにしてますが、これは聞いててイライラして本当に無理。
登場人物多い割に1人で全役こなさないといけないのは大変ですが、女性の役の声は素直に気持ち悪いと思いました。
オーディブルに不向きな作品なので素直に読んだ方が絶対にいいです。
メソッドの部分だけ聞いてストーリーは無視しましょう。
内容も駄作です、スーパー。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2021/07/04

物語としての完成度

マインドフルネスの入門書だが物語形式でマインドフルネスのやり方を教えている。別の本で同じような入門書を読んだが、結局頭に入らず、読んだことさえ忘れていた。が、本書は物語としての完成度が素晴らしく、やってみようという気になる本だった。耳で聞くと、読むよりすんなり頭に入ってくることもあるだろうが、いい本に出逢えた気がした。因みに本の方も見返すために買ってしまった。