最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

多くの企業・マーケター・コンサルタントが「成果の出ない施策」を繰り返してしまうのは、デジタルマーケティングの「定石」を知らないからです。
 

そのせいで、「成果の出ないことがわかっている施策」を再びゼロから作り直してしまう「車輪の再発明」が、いたるところで起こっています。
 

これは、「経営資源の無駄づかい」以外の何物でもありません。この「車輪の再発明」に終止符を打つのが本書です。

 

◎3万サイトの定量分析×ユーザ行動観察の定性分析をベースに、デジタル活用の「正解・不正解」を一刀両断

 

著者の垣内勇威氏は、レポート・Twitter・セミナー講演などでデジタルマーケティングの知見を発信し、
 

マーケター・コンサルタントから経営者・マネジャーまで幅広い層から支持を集める人物。
 

その痛快かつ明快ながらも共感と納得感を誘う語り口は「垣内節」とも呼ばれています。

 

その「垣内節」の説得力を支えるのが、3万サイトの定量分析とユーザー行動観察の定性分析を掛け合わせたコンサルティング経験です。
 

本書ではその知見をもとに、デジタル活用の「正解・不正解」を一刀両断します。

 

・デジタルに「できること」「できないこと」を理解する

 

・最新技術・バズワードは「魔法の杖」ではない

・ビジネスを変革する「デジタル人材」はどこにいるのか
 

・A/Bテスト・SEO・アトリビューションは無駄
 

・「5名の行動観察」は「データ分析」に勝る
 

・最短・最速で「ゴール直行」できる仕掛けをつくる

 

本書を読んで、デジタルマーケティングの「定石」を理解すれば、最新テクノロジーやバズワードに振り回されることなく、
 

無駄や非効率なやり方を根こそぎ排除し、コストパフォーマンスの高いデジタルのよさを最大限に活かして成果につなげられます。
 

さらには、デジタル化によって事業を速やかに再構築し成長させる「デジタル戦略」「DX戦略」立案の一助になるはずです

©Kakiuchi Published in Japan by NIPPON JITSUGYO PUBLISHING (P)MEDIA DO Co.,Ltd.

デジタルマーケティングの定石 なぜマーケターは「成果の出ない施策」を繰り返すのか?に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • tontoko
  • 2021/05/05

なぜ「成果の出ない施策」を繰り返すのか?とても良い本した。

内容が専門的で業種も広範囲で話しの展開も早い。筆者が言う通り車輪の再発明をしないで済むように言葉をえらんで沢山の事例で表現していて素晴らしい内容の本です。ナレーターの声も聞きやすく通勤や空き時間に何度も繰り返し聞いています。図解もわかりやすくPDFで見れるのでよい。現状の課題を抽象度を上げて俯瞰的に見れるか否か、俯瞰的に見た対策を打てる立場であるか、やり遂げる強い熱意があるか否かでこの本に対する評価は分かれると思います。この本は素晴らしい。社員全員に読ませたとしても多くの会社は「成果の出ない施策」を今後も繰り返すんだろうなぁとわかるところがまた素晴らしい。