最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)
 

「すべてがゆがんで見えている」子どもたちの驚くべき実像。
 

児童精神科医である筆者は、多くの非行少年たちと出会う中で、「反省以前の子ども」が沢山いるという事実に気づく。少年院には、認知力が弱く、「ケーキを等分に切る」ことすら出来ない非行少年が大勢いたが、問題の根深さは普通の学校でも同じなのだ。人口の十数%いるとされる「境界知能」の人々に焦点を当て、困っている彼らを学校・社会生活で困らないように導く超実践的なメソッドを公開する。

©宮口幸治/新潮社

ケーキの切れない非行少年たちに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    11
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Kindle読んどる
  • 2021/05/17

ケーキの切れない非行少年たちを、上手く理解できない私たち

非行少年の犯行は、いわゆる「人間性」といったものが原因とは言い切れず、「認知」や「知能」に問題があり、それを捉え損ねているので矯正も予防も失敗している、という話。その分かりやすい事例がケーキを3分割出来ない、というところに現れている。

本書には指摘されてはいないが、我々読者がケーキを3等分出来るからといって、また犯罪を犯した事が無いからといって、頭がマトモで清く正しい健常者だ、とは言えないことだ。
誰かが馬鹿でも、それが自分の賢さの証明にはならないことだ。
少年犯罪の原因は何か?
どうすれば更生できる?
未然に防ぐにはどうすれば良い?
といった問いに上手く答えられる人がどれほど居るか?

近年、発達障害がようやく注目されて(誤解は多いものの)学校や家庭、少年院で倫理道徳のお説教では無い科学的アプローチが取られるようになり、ようやくこの観点に立つ本が話題に上がるようになったのは大変良い事である。
まだまだ発展途上で世の中に膾炙していくには時間もかかるだろうが、感情的にならず、違った観点を与える本書は一読する価値は十分にある。

紙の本でのレビューでは「編集に問題あり」という意見が散見されていたが、audibleで聞き流した為か、あまり気にはならなかった。