最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

【内容紹介】
 

総取材時間20時間以上!
 

オードリー・タン氏自身が、自らの考え、行動、夢を語る。

 

世界のメディアがいま、最も注目するテクノロジー界の叡智が、描くデジタルとAI(人工知能)の未来!
 

台湾は、2020年に全世界を襲った新型コロナウイルス(COVID-19)の封じ込めに唯一成功しました。

 

本書は、その中心的な役割を担った若きデジタル担当政務委員(閣僚)が、コロナ対策成功の秘密、デジタルと民主主義、デジタルと教育、AIと社会・イノベーション、そして日本へのメッセージを、自身の言葉で語りつくします。

 

【目次抜粋】
 

はじめに
 

序章 功を奏したITによる新型コロナ対策
 

第一章 私をつくってきたもの
 

第二章 デジタル民主主義とソーシャル・イノベーション~誰もが政策に寄与できる社会
 

第三章 ITは教育をどのように発展させるか~プログラミング思考を身につける
 

第四章 AIが開く新しい社会~デジタルは人のためにある
 

第五章 日本へのメッセージ

©オードリー・タン (P)2020 Audible,Inc.

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語るに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    148
  • 星4つ
    50
  • 星3つ
    14
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    108
  • 星4つ
    54
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    112
  • 星4つ
    46
  • 星3つ
    10
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 是枝
  • 2021/04/27

子育て中の女性にも◎避けて通れない事

社会から遠ざかった主婦ですが、これを聴いて一気にITやコミュニケーションのリテラシーがアップしました。これからの時代、避けて通れない事をわかりやすく教えてくれます。
早速、仕事の面接でITやAIについて語る事ができ、内定しました。5Gを急速に普及させる台湾の試み。国民への伝え方。ビジネスマン向けかと思いきや、子育て中の主婦(私)にも十分価値のある内容です。著者の賢さ、優しい人柄。ナレーションも素晴らしく、真似して話し方を訓練しました 笑
子供にスマホ持たせるかどうか悩むお母さん、いつかまた仕事復帰したいお母さん、是非これを!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Kindleのお客様
  • 2021/03/27

話が分かりやすく引き込まれる面白さ

オードーリー・タンを知らなかったが,話すのが好きなんだなと思った。AIの可能性と,人との関わり方が分かりやすく書かれていた。台湾の政治状況のよさを日本でも活かせたらいいのにと,今後に期待を込めたい!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ゆう
  • 2021/05/20

皆が参加する社会を

最初はそれほど期待していませんでしたが、結果として非常に良かったです。デジタルというツールを使えば、皆が政治に参加できるし、参加する人が多ければ多いほどより良いものが生まれるという筆者の信念に心打たれました。私も筆者と同世代、公務に携わっています。世間から広く意見を募集するのは収拾がつかなくなるし、ただ煩わしいだけという感覚でしたが、本書を読んでそういう考え方ではいけないと、恥ずかしい気持ちになりました。また筆者自身の子供時代の話やデジタル教育への考え方なども、子育て世代としては興味深かったです。デジタル社会をまさに体現している筆者ですが、教育に無理難題を理想論として掲げることなく、現実的なアドバイスでした。同筆者の他の著書も読んでみようと思います。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2021/04/07

とても聞きやすく、台湾のことがわかる本

ナレーションはとても聞きやすい声でした。
オードリーさんのお話もとてもわかり易く、頭にスッと入りました。聴くまでは台湾についてあまり知りませんでしたが、台湾のデジタル化や民主主義が日本と比べてとても進んでいることを認識させられました。台湾の良いところは見習て、どんどん取り入れていくべきと思いました。
聴きやすく、オーディオブックとしておすすめです!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 齋藤勝己
  • 2021/05/13

すごい

政治 や 経済 の 参加の仕組みが
わかった気がする。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • peso
  • 2021/04/27

著者の人となりがわかる

内容が面白いのはもちろんですが、著者の良い人柄、頭の良さがわかる一冊でした。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • ヤマ
  • 2021/06/10

驚くほど誰も置いていかない優しい天才

この本を読むと、オードリータンさんが考えるあまりの平等と公益性に驚くでしょう。

政府と仕事をしながらも、誰の指図も受けずにブルーカラーの人達や移民、全ての人へのメリットを考えられる方です。

まるで公益性のロボットのようで、少し怯んでしまいそうになりますが、彼の考え方を知って嫌な気持ちになる人は誰ひとりいないはずです。

「AIと人間はドラえもんとのび太のようなもの」と分かりやすい日本アニメで何度も紹介してくれる点が、読書が苦手な私にも分かりやすく印象的でした。

プログラミングの天才ながらも、どんな人の話も聞き、クリエイティブでアートな視点も忘れないオードリータンさん。

中学生で企業し、トランスジェンダーの彼だからこそ分かるマイノリティを大切にする姿勢がとても素敵でした。

オードリータンさんを知らない人、
未来のAIやデジタル社会を知りたい人、

ぜひ手に取ってみてください。

(ちなみに、オーディブルのナレーターさんは女性でとても聞きやすかったです)

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • りっくんpapa
  • 2021/05/17

切り捨てない世界、というのもあるのかもしれないですね

デジタル、AIは一部の人達のものとの思いがありましたが、みんなのための、切り捨てない世の中というのももしかしたら目指せるのかなと思いました。台湾とは背景は違うかもしれないけど、それぞれが課題意識を持ちつつ、デジタルをツールとして活用しつつ、そしてインクルージョンで、完璧でなくても、少しづつより良い世界にしていけるといいなと思いました

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • oxox
  • 2021/05/14

日本の政治家はみんな読むべき

日本の政治家はみんな読むべきですね。システムに強くなくても、それを社会に役立てるやり方、考え方がわかります。そして、システムはツールなので、運用する側の良心がなにより大事なことがわかります。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 小路
  • 2021/07/10

民主化の重要性とAIがもたらすもの

特に印象的な場面が、「人から見た景色がそれぞれ違い、思考も違うため、解釈も異なる」
だから、いろんな人の意見を耳にし、総合で考えることが議論を深めることができる。
自分もその一員でありたいなと感じることができた!