最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「吾輩は猫である」の四~六の3章を収録。四章では、近隣の金田邸に忍び込んで聞いた、金田夫婦と来客である実業家の鈴木との会話から始まる。先日、鼻子夫人が苦沙弥先生宅先生宅に、娘の婿候補である寒月君の人となりを聞きに行ったところ、迷亭とともに失敬な応対に会い、目的を果たせなかったため、今度は、苦沙弥と学生時代に同宿だった鈴木に、苦沙弥から聞き出すように依頼する。鈴木は、苦沙弥宅に立ち寄った迷亭から、寒月君が博士論文の執筆にかかっているという将来有望な話を聞き出す。そして、苦沙弥をおだてて、金田の娘との縁談に猛反対する迷亭に同調しないよう仕向ける。各人の途切れない軽妙な会話の連続が、絶妙な面白みを醸し出す…。

五章では、苦沙弥宅に深夜忍び入った泥棒に、夫婦も女中も熟睡して気が付かず、身の回りのものをごっそり持って行かれてしまった。「吾輩」は一部始終を目撃するも、ろくに注意喚起もできず、役立たずと人間どもから愚物扱いされる。そこで、鼠の一匹も捕ろうと決心するが、逆襲にあってしまった…。

六章では、苦沙弥邸に出入りする常連の連中と夫婦を交えた様々な珍妙な会話が続く。迷亭の帽子、鋏に蕎麦談義。人を食った若き日の「蛇飯」体験と「失恋」談、寒月の「俳劇」と東風の「詩作」・・・豪傑連の放談は終日続く…。
(C)2016 響林社

wisの夏目漱石(2)「吾輩は猫である」総集編第2巻(全4巻)に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。