最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

内容紹介
三十歳の会社員である津田由雄は、会社の上司である吉川夫婦の仲人でお延を娶る。まだ結婚して半年程であるが、二人の夫婦仲はどこかぎこちないものであった。かつて津田は、吉川夫人に清子という名の女性を紹介され、二人は恋人となり将来を誓い合った。
しかし清子は、ある日突然津田の前から去り、津田の友人であった関と結婚してしまう。ある日、津田は患っていた痔の手術のため、ようやく金を工面し入院する。津田は退院後、吉川夫人に勧められるまま、流産した清子が静養している湯治場へ足を運ぶのだった……。
『明暗』は、朝日新聞に1916年5月26日から1916年12月14日まで連載される。なぜ清子は津田の前から姿を消したのか————?津田の行き着く先は————?その謎が語られぬまま、作者である夏目漱石が病没したため、連載は188回までの未完となった。
©2020 PanRolling

明暗に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2020/10/20

優れた文を聴く快さ

物語自体は純文学という感じで普段の自分の好みではないのですが、文のリズムや心理描写が優れており、聴いているとだんだん不思議と心地よくなりました。 またナレーターの方の朗読は小説と完璧に合っています。