最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

行人

著者: 夏目 漱石
ナレーター: 西村 健志
再生時間: 15 時間 7 分
価格: ¥ 4,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

内容紹介

「近代における自我の問題として人間交渉の姿に敏感・執拗・潔癖で あったこの作家の苦悩に真正面からとり組んだ作品であるばかりでなく、両性の 相剋の苦しみの面をも絶頂的に扱われた小説」宮本百合子『漱石の「行人」について』より

二郎は大阪に着くとすぐに、母方の遠縁にあたる岡田の家を訪れた。それは一週間前に友人の三沢と大阪で落ち合う約束をしており、たがいに指定すべき場所をもたなかったので、三沢には岡田の氏名と住所を伝えたのである。
だが、予定通りの時日を費やして二郎が岡田の家を訪れた時、三沢が訪れた形跡はなかった。二郎が岡田の家に泊まった翌日、三沢からの葉書が届いた。一両日遅れるというのである。二郎が岡田の家に逗留していると再度手紙があり、三沢は胃腸を悪くして入院していたのだという。
二郎は三沢を見舞うために病院に通うようになる。病院で孤独な日々を送る三沢は二郎の来訪を喜んだ。そのうちに三沢とある女の話題で盛り上がるようになる。それは、おそらくは同じ病院に入院しているらしい女性であった。二郎もその女のことが気になり、心惹かれるようになるのだが……

目次

友達 一~三十三

兄 一~四十四

帰ってから 一~三十八

塵労 一~五十二

夏目漱石(なつめ・そうせき)

日本の小説家、評論家、英文学者。森鴎外と並ぶ明治・大正時代の文豪である。1867年(慶応3)江戸牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)に生まれる。本名は夏目金之助。東京帝国大学英文科卒業後、東京高等師範学校、松山中学、熊本第五高等学校などの教師生活を経て、1900年、イギリスに留学。帰国後、第一高等学校、東京帝国大学の講師を務める。1905年、処女作『吾輩は猫である』を発表。翌年『坊っちゃん』『草枕』を発表。1907年、教職を辞し、朝日新聞社に入社。以後、朝日新聞に『虞美人草』『三四郎』『それから』『門』『彼岸過迄』『行人』『こころ』『道草』などを連載するが、1916年(大正5)12月9日、『明暗』の連載途中に胃潰瘍で永眠。享年50歳。
©2019 PanRolling.

カスタマーレビュー

レビューはまだありません。

同じ著者・ナレーターの作品