最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

銀の匙

著者: 中 勘助
ナレーター: 野口 晃
再生時間: 6 時間 12 分
カテゴリー: 名作文学
4 out of 5 stars (2件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

     <内容紹介>
夏目漱石が絶賛し、新聞に掲載された中勘助の自伝的小説
美しい表現で描かれる 幸福な子ども時代――
 

      引き出しにある小箱の中に銀の小匙を見つける私。それを取り出すと幼少時代の日々を思い出します。私は難産で生まれたため病弱に育ちました。母親も出産後ということもあり身体が弱っていました。そんなとき私のお世話をしたくれたのが伯母です。私が小匙を見ると幼少時代を思い出す理由には、この小匙で薬を飲んでいた過去があったからです。
 

      そんな伯母の元で育った私は特別大切に育てられました。幼少期の記憶のほとんどに伯母との思い出があり、周りの人にも愛されてすくすくと育ちます。しかし伯母に大切に育てられた結果、ずっと家にいたため友達も勉強もできず困ってしまいます。そこで伯母の計画によってお国さんという女の子と友達になります。お国さんは私と同じで内気で病弱。伯母の力も借りて仲良くなりました。ある日、初めての友達であるお国さんは一家で引っ越してしまい会えなくなります。その後私は学校に通うようになります。病弱の私は周りに気を使われていることも知らずに、自分ができる人間だと思い込むようになりました。
 

      ある日近所に引っ越して来たお恵ちゃんに衝撃の一言を言われてしまいます。周りのみんなに気を使われていたことを知った私は変わることを決意。伯母さんや姉に勉強を教えてもらい、ひ弱だった体も健康的に力強くなっていきます。そして徐々に周りとの関係性が変わり始めます。
 

    <収録内容>
〇前篇










十一
十二
十三
十四
十五
十六
十七
十八
十九
二十
二十一
二十二
二十三
二十四
二十五
二十六
二十七
二十八
二十九
三十
三十一
三十二
三十三
三十四
三十五
三十六
三十七
三十八
三十九
四十
四十一
四十二
四十三
四十四
四十五
四十六
四十七
四十八
四十九
五十
五十一
五十二
五十三
 

    〇後篇










十一
十二
十三
十四
十五
十六
十七
十八
十九
二十
二十一
二十二    

©2018 Pan Rolling

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。