最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

花匂う

著者: 山本 周五郎
ナレーター: 楠木 華子
再生時間: 1 時間 5 分
カテゴリー: 名作文学
4.5 out of 5 stars (3件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

<内容紹介>

山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

<あらすじ>

直弥は初めて眠れない夜というものを経験した。矢部信一郎と庄田多津との縁談がきまったと聞かされた直後から、それは始まった。信一郎は直弥の親友であり、多津は隣屋敷の娘で幼馴染である。最初はこの縁談を素直に喜んだのだが、気がかりだったのは信一郎の持つ秘密であった。かつて自分の家にいた小間使いと過ちを犯した信一郎には、今三つになる男の子がいるのだ。
結婚してから多津がそのことを知ったらどれだけ傷付くだろうか……それを思うと直弥は胸が痛むのであった。
十日余り悩んだ末に、直弥は多津を河正という料理屋に呼び出して、そこで話そうと決心した。
当日、多津はなかなか来なかった。待っている最中に直弥はふいに低く呻き、眼をつむりながら片手で目を押さえた。今この時になって、ようやく直哉は自分の気持ちに気付いた。それは自分が長く、そして深く、多津を愛していたことであった。もはや彼女に話すことはできないと直弥は煩悶するが、そうしている間に多津はやって来たのであった……

<山本周五郎(やまもと・しゅうごろう)>

1903~67年。小説家。山梨の生まれ。本名・清水三十六(さとむ)。名は生まれ年からつけられ、筆名は東京で徒弟として住み込んだ質屋「山本周五郎商店」にちなんだ。20代前半に作家活動を始め、39歳の時『日本婦道記』が直木賞に推されたが受賞辞退。その後も多くの賞を固辞する。江戸の庶民を描いた人情ものから歴史長編まで作品は数多い。代表作には、「樅(もみ)ノ木は残った」「赤ひげ診療譚」「おさん」「青べか物語」「さぶ」などがある。1987年9月には、「山本周五郎賞」が新潮文芸振興会により設定された。
©2019 PanRolling

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。