最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

芥川龍之介全集 三

著者: 芥川龍之介
ナレーター: でじじ
再生時間: 11 時間 6 分
カテゴリー: 名作文学
5 out of 5 stars (2件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

日本の文学史でも、指折りの短編小説の名手である芥川龍之介。その名を冠する「芥川龍之介賞」(芥川賞)は、今日に至るまで権威のある文学賞として社会的関心を集めています。主に短編小説に多くの傑作を残し、その作品は平易な文体ながらも、その秀逸な言葉選びや、深くまで切り込んだ心理描写の生々しさも相俟って、読み手を瞬く間に作品世界に引き込みます。

<収録作品>

百合
三衛門の罪
妙な話
魚河岸
開化の殺人
開化の良人
袈裟と盛遠
犬と笛
文章

糸女覚書
三つの宝
地獄変
南京の基督
邪宗門

<あらすじ>
「地獄変」
堀川の大殿様の元に良秀という天下一の絵師がいた。しかし、人柄は高慢で横柄かつ無慈悲で人情がなく、おごり高ぶっており、その腕前は評価されているものの、人には疎まれていた。
その一方で彼の娘は良秀とは違って気立てがよく、愛敬もあって利口で、殿様にも気に入られていた。やがて娘は殿様の側で仕えるようになっていたが、娘を溺愛する良秀はそれが気に入らず、ある時などは望みの褒美を言えと言われて、娘を返してくれと頼んだほどであった。
ある日、良秀に殿様から「地獄変」の屏風を描けとの命令が下る。実際に目にしたものしか描けないという良秀は、戸を閉め切った部屋で弟子を鎖で縛りつけたり、ミミズクに襲わせたり、またそのミミズクを蛇と戦わせたりして、その様を描くという常軌を逸した創作活動に入る。しかし、創作の最中に、良秀は一つの大きな壁に直面するのだった……

「南京の基督」
 宋金花は十五歳の私窩子であり、身体を売って生計を立てていた。彼女の父はもう仕事ができるような状態でなく、腰も立たないといった様子であり、そうする他に父を助けて暮らすことが出来ないのであった。
 敬虔なキリスト教徒である彼女は、このような商売をしていることに後ろめたい気持ちはあったが、自分一人が傷付くことで父が救われるのだから、きっと基督さまはわかってくれるに違いないと、健気に思っていた。
 ところがある日、彼女は梅毒に掛かってしまう。一向に良くならないのを案じた仲間の売春婦は「移せば治るよ」と助言するが、自分を傷つけるために誰かを傷つけることになるため、金花は躊躇ってしまう。
 そんな時、一人の外国人がやって来る。今客を取っていないという金花を買おうというのだが……

<芥川龍之介>
大正期の小説家。1892年東京都生まれ。東大卒。乳児期から母方の実家で育てられた。東京帝国大学在学中の1916年に第四次「新思潮」創刊号に発表した「鼻」が夏目漱石に絶賛され文壇にデビューする。初期の古典を材料にした「羅生門」「芋粥」「地獄変」などの名作を経て、「点鬼簿」「歯車」など自己の周辺にテーマを得た作品に移行。様々なトラブルで心身とも衰弱し、1927年に自殺して36歳の若さでこの世を去る。没後、親友である菊池寛によって、芥川賞が創設された。
(c)2018 Pan Rolling

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。