Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 1,000 で購入

¥ 1,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

内容紹介
山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

<あらすじ>
又三郎は蔦萬という料理茶屋のお紋に惹かれていた。
だが、彼の周囲はそれを許そうとはしなかった。又三郎は出羽の国新庄藩の侍で、物頭を勤めていた楢岡兵庫の次男として育ったが、実は藩主である能登守戸沢正陟の庶子であり、生まれてすぐに楢岡兵庫の手に渡されたのであった。
能登守には帯刀という世子がおり、その下にも男子が五人もいたが、それが次々と死去し、五年前から一人も跡目を継ぐ者がいなくなっていた。そこで去年の春辺りから嗣子選定の問題が起こり、初めて又三郎の身分が表面に浮かび上がったのだ。又三郎は自分が藩主の庶子だと聞いてもさほど驚きもしなかったが、その事実が知れると同時に彼の身辺はたちまち虚構と偽善と阿諛で塗り固められ、彼を中心にして家臣の間に対立と暗闘が始まった。自分の意志のないところで、勝手に争いが繰り広げられることは、たとえようもなく彼を虚無的にしてしまった。
目を気にして蔦萬にも通えずにいる雨の中、どこへ行こうかと立ち止まった又三郎の足が向かわせたのはお紋の家であった……。
©2020 PanRolling

野分に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 天然
  • 2022/05/28

さすがに時代物の巨匠

ストーリーは以前にも読んでいたので申し分 なかった。
高齢となり、もっぱらぱらオーディブルを利用している。
在宅介護中で、聴きながら他のことが出きるので、ありがたい。
ナレーションは開く前、男性と思っていたせいか、悪くはなかったが、男声の方がよかった。