最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

内容紹介
山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

<あらすじ>
おひろは病気の夫・利助と四つになる子供の政次を養うために、岡場所の「染井家」で体を売っていた。夫や近所の人には、料理茶屋で働いていると言い、昼に出て夜遅くに帰るという生活を一年近く続けていた。
染井家では三人の女にいびられながらも、「どうしようもない」ことと自分に言い聞かせて日々を過ごしていた。
だが、その中で出会った心優しい客の存在に、幼馴染の常吉の姿を重ね、心を救われていた。
だが、ある日のこと、岡っ引きがおひろの家を訪れ、おひろは利助の前で体を売っていることを明かされてしまう。だが、それよりも衝撃だったのは、夫がそれを知っていた上で、金のために口をつぐんでいたことだった。利助が不義理をしていることも察したおひろは、うちに帰る気にもなれなかった。
「五十年まえ、――そして五十年あと、……おんなしこったわ」
その足で向かった染井家に一人の客がおひろを名指しでやってきた。その客は昨夜の客の友達であり、おひろのことを探して続けていた常吉だったのだ……
©2020 PanRolling

将監さまの細道に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。