最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

蟹工船

著者: 小林 多喜二
再生時間: 1 時間
カテゴリー: ラジオ・ラジオドラマ
4.5 out of 5 stars (12件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

小林多喜二による昭和初期のプロレタリア文学の代表作の音声ドラマ化。蟹工船とは、戦前にカムチャツカ半島沖海域で行われた北洋漁業で使用される、加工設備を備えた大型船。蟹工船には航海法は適用されず、危険な老朽船が改造して投入された。また労働法規も適用されなかった。そのため貧困層から募集した出稼ぎ労働者に対する非人道的な酷使がまかり通っていた。情け知らずの監督は労働者は劣悪で過酷な労働環境の中、暴力・虐待・過労や病気で次々と倒れてゆく。昨今のブラックな職場、パワハラが横行する社会状況は、歴史は繰り返すという言葉通りだ。先人が苦労して獲得した権利も、獲得した側が無自覚になればなし崩しになることを、意識させてくれる作品といえる。
©モモアンドグレースカンパニー(P)2017 Pamlink Corp.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • カルガルー
  • 2018/08/19

上品な蟹工船

原作より、優等生的な台詞回しが、気になった。方言が再現されないと、物語に入り込めない

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ceptor
  • 2018/07/05

豪華声優陣によるドラマCD

重くて暗い話なので、こういう形にしていただけると、聴きやすくて助かります。本や普通の朗読なら一生手を出さなかったかも。