最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

内容紹介
山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

<あらすじ>
芝の桜田小路に屋敷を構える千二百石の旗本の三男である池原房二郎は、婿養子にやられそうになり家出をする。ひょんなことから沢茂という居酒屋で、馬喰町の文華堂という瓦版屋で瓦版の拵え記事を書いている木内桜谷と縁ができる。桜谷の紹介で房二郎も文華堂で働くことになるが……。
「————人間はみんな迷子だ。」どうあっても木にはなれない「へちま」が、何かにつるを絡ませるように、いつの間にか何かにすがって生きる房二郎。市井の人々の表と裏の真実に触れる度に、自分の生きていた世界との隔たりを感じるようになる。そんな房二郎が下町で生きていこうとあがくほど、彼は挫折していくのであった……。
©2020 PanRolling

へちまの木に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。