最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

深川安楽亭

著者: 山本 周五郎
ナレーター: 楠木 華子
再生時間: 2 時間 38 分
カテゴリー: 名作文学

30日間の無料体験終了後は月額980円。(最初の12か月間の特別価格。詳細はこちら)いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

<内容紹介>
山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

<あらすじ>
深川の安楽亭は密貿易の拠点であり、そこにたむろする若者たちは命知らずな無頼の者ばかりであった。
そこにある日初めてやって来た客が、
「俺はここを知っているぜ」
というのである。店に集まる若者たちの誰も知らない顔だった。店主・幾造の娘おみつは顔見知りでない男の入店を断ろうとするが、彼は意に介さない。おみつは幾造に相談して、結局その男に飲ませてやることになった。
その客は遅くまで黙って手酌で飲んでいたが、他のものに目をくれる様子もない。常連の与兵衛がふと目を上げて彼の方を見た時、その客は低く笑っていた。皆が気になってその客をよく見ると、笑っているのではなく、嗚咽しているのであった。
それからもその客はたびたび安楽亭にやってきた。結局常連たちも彼の存在に慣れ、彼に対しての警戒心もやがて解け、無関心になっていった。
そして、久しぶりに「荷操り」のあった翌日、与兵衛が酒で寄った上に暴行を受けて行き倒れていた若者を拾ってきたのだが……

<山本周五郎(やまもと・しゅうごろう)>
1903~67年。小説家。山梨の生まれ。本名・清水三十六(さとむ)。名は生まれ年からつけられ、筆名は東京で徒弟として住み込んだ質屋「山本周五郎商店」にちなんだ。20代前半に作家活動を始め、39歳の時『日本婦道記』が直木賞に推されたが受賞辞退。その後も多くの賞を固辞する。江戸の庶民を描いた人情ものから歴史長編まで作品は数多い。代表作には、「樅(もみ)ノ木は残った」「赤ひげ診療譚」「おさん」「青べか物語」「さぶ」などがある。1987年9月には、「山本周五郎賞」が新潮文芸振興会により設定された。
©2018 PanRolling

カスタマーレビュー

レビューはまだありません。