最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

内容紹介
山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

<あらすじ>
大川に面した船宿「吉野」では船頭なかまが八人、浪人の伊藤欣吾の武者話に耳を傾けていた。
そんな最中、一人の若い岡っ引きが入ってきて、松二郎とさっきまでいた銀太がいるかを聞いた。店内の皆はいないと答え、あまり深くその話に関わろうとしなかった。
だが、岡っ引きは酒を飲み終えると、懐が十手を出して立ち上がり、店の主に中にいる者を外に出さないように言った。
この岡っ引き・捨吉は手柄を焦って、最近十手風を吹かせて何人も挙げてはいるものの、皆証拠も上がらず釈放されたという噂だった。その失点の挽回もあって、今もまた手柄稼ぎに躍起になっているのだという。
やがて捕り物が始まり、辺りは騒然となるが、捕り手の捨吉は銀太以外を取り逃がしてしまったばかりか、銀太に怪我をさせてしまうのであった……。
©2020 PanRolling

月夜の眺めに寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。