価格: ¥ 3,000

会員特典 会員特典
  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額1,500円。いつでも退会できる。
  • 無料体験後は、毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入。
  • 購入したタイトルは退会後もあなたのもの。
  • 会員ならどのタイトルでも30%OFFで購入可。
  • タイトルの返品・交換可能。
  • 追加料金なしで楽しめるコンテンツも。
OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

     『孫子の兵法』は紀元前770年から前403年の中国春秋時代に、思想家孫武によって著された兵法書である。全一三篇で構成され、戦いの進め方は勿論、事前の準備がいかに大切かを説いている。
 

      孫子は兵法書でありながら、洋の東西を問わず最高のビジネス書として評価され、経営者の聖書とさえ言われる。戦いだけでなく、人生に発生するほとんどすべての問題に応用することができるからである。
 

    しかし、これまでの孫子の本は訳を省きがちであり、誤訳が誤訳のまま伝えられてきた。
 

      本書は「原文の意味に最も近く、最も理解しやすい」現代語による全訳である。また、より深い理解のために故事や現代ビジネスの例を多く用いて解説を加えている。
 

      春秋時代の戦乱期同様に、現代日本は今や能力次第で生き残りが決まる厳しい時代となっている。孫子のエッセンスを取り入れ、苦難に対処し明日に勝利する力をつけることが求められているのである。
 

    <解説>
本書は『孫子の兵法』を、これまでの誤訳を正し理解しやすい現代語で全訳したものです。
 

      「超訳」とありますが、所謂「意訳をさらに推し進め、訳文の正確さを犠牲にしてでも読みやすさを優先させる」ような超訳ではなく、原文の意味に忠実に、時には補足を加えながら、不明瞭な部分なども分かりやすく翻訳したものです。
 

    ポイントは、著者が文中で言っているように、訳と解説の分かりやすさです。
 

    Google、Twitter、Apple の成功やマイケルジャクソンのヒットの理由、一般的な日常やビジネスシーンなどを事例として挙げたり、本文の言葉をそのまま現代の言葉に置き換えて説明するなど、孫子の言わんとすることが分かりやすく、身近に感じることができます。
 

    全文現代語訳となっているので、音声で聴くにはもってこいの内容となっています。
 

    <収録内容>
はじめに
1章 計篇 勝算のある勝負だけをせよ
2章 作戦篇 仕事は早く終わらせろ
3章 謀攻篇 戦わずして勝つのが最善
4章 形篇 勝利した後戦え
5章 勢篇 システムで勝負せよ
6章 虚実篇 敵の虚を打て
7章 軍争篇 先に要地を抑えろ
8章 九変篇 戦場の変化に対応せよ
9章 行軍篇 常に有利な態勢を維持せよ
10章 地形篇 戦場を知れ
11章 九地篇 場所による心理の変化
12章 火攻篇 古代唯一の大量破壊兵器
13章 用間篇 情報には金は惜しむな
おわりに
 

    許成準(ホ・ソンジュン)
2000年 KAIST(国立韓国科学技術院)大学院卒(工学修士)。コンピュータグラフィックス・バーチャルリアリティ専攻。ゲームクリエイターとして「Kingdom under Fire」シリーズなどのゲームの企画・プログラミングに参加。
「武器シミュレーションの為のVRシステム開発」(Development of VR system for the weapon system simulation)など、多数のプロジェクトに参加。いろいろなプロジェクトの経験から、軍事戦略と組織作り・リーダーシップを研究するようになり、ビジネス・リーダーシップ関連の著作も多数執筆。    

(C)2011 Hur Sung Joon.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    21
  • 星4つ
    15
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    18
  • 星4つ
    11
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    11
  • 星3つ
    5
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。