最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

三国志に学ぶビジネス戦略

ナレーター: 清水 秀光
再生時間: 4 時間 29 分
4 out of 5 stars (8件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本書は、5つのテーマで、エピソードを分類し、掲載しています。 壱章は、「リーダーとしての決断」 劉備、曹操、孫権など、リーダーとして人民・武将を率いた名将たちが、どう彼らをリードしていったのか。また、彼らがどうして今も名を残す名将となれたのか。現代にも通じるリーダーならではの戦略を学びます。 弐章は、「対峙した強敵にどう立ち向かうか」 英雄たちは、時に何十倍もの兵力の敵と戦いました。彼らは、数の前に屈することなく、状況に応じた様々な戦略をとることで、勝利したのです。本章では、強大な敵を前にしたときどう戦えばいいのか、また敵を前にした際の心構えなどを学びます。 参章は、「奇襲、奇策で劣勢を挽回」 時に、正攻法ではなく奇襲・奇策こそが大きな成果をあげることがあります。英雄たちは、たった一人で大軍の前に身をさらしたり、一つのアイデアで圧倒的な結果を生み出したりするのです。ピンチをチャンスに変えた戦略が満載の章です。 四章「逆境の中で人の心をつかむ」 人はピンチを迎えると心に余裕がなくなります。また、ピンチのときには心に隙も生まれるのです。三国志の英雄たちは、時に命をも奪われそうな危機を迎えますが、それをもはねのける心の強さがありました。そしてそれが人心掌握に繋がったのです。本書は、戦略の裏にある、人の心をつかむ大切さを知ることができる章です。 五章「次につなげる撤退」 英雄たちも常に勝利したわけではなく、時に大きな敗北を喫することがありました。しかし、ただ敗北するのではなく、必ず次の勝利につなげる。これこそが英雄が今も語り継がれる理由です。本章では、撤退という危機の中で、彼らが何を成し遂げたのかを学びます。 ※本商品は「三国志に学ぶビジネス戦略」(インフォトップ出版刊 佐藤浩明/鈴木 健一著 ISBN:978-4-7816-0119-9 1,470円(税込))をオーディオ化したものです。
(C)Kenichi Suzuki,Koumei Sato

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。