Audible会員は対象作品が聴き放題、2か月無料体験キャンペーン中

  • 母という呪縛 娘という牢獄

  • 著者: 齊藤 彩
  • ナレーター: 絵理
  • 再生時間: 6 時間 25 分
  • 4.7 out of 5 stars (248件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

2024年2月29日まで2か月無料体験キャンペーン中!詳細はこちらをご確認ください
会員は、12万以上の対象作品が聴き放題、アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『母という呪縛 娘という牢獄』のカバーアート

母という呪縛 娘という牢獄

著者: 齊藤 彩
ナレーター: 絵理
2か月間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥ 3,000 で購入

¥ 3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

深夜3時42分。母を殺した娘は、ツイッターに、
「モンスターを倒した。これで一安心だ。」
と投稿した。18文字の投稿は、その意味するところを誰にも悟られないまま、放置されていた。
2018年3月10日、土曜日の昼下がり。
滋賀県、琵琶湖の南側の野洲川南流河川敷で、両手、両足、頭部のない、体幹部だけの人の遺体が発見された。遺体は激しく腐敗して悪臭を放っており、多数のトンビが群がっているところを、通りかかった住民が目に止めたのである。
滋賀県警守山署が身元の特定にあたったが、遺体の損傷が激しく、捜査は難航した。
周辺の聞き込みを進めるうち、最近になってその姿が見えなくなっている女性がいることが判明し、家族とのDNA鑑定から、ようやく身元が判明した――。
髙崎妙子、58歳(仮名)。
遺体が発見された河川敷から徒歩数分の一軒家に暮らす女性だった。夫とは20年以上前に別居し、長年にわたって31歳の娘・あかり(仮名)と二人暮らしだった。
さらに異様なことも判明した。
娘のあかりは幼少期から学業優秀で中高一貫の進学校に通っていたが、母・妙子に超難関の国立大医学部への進学を強要され、なんと9年にわたって浪人生活を送っていたのだ。
結局あかりは医学部には合格せず、看護学科に進学し、4月から看護師となっていた。母・妙子の姿は1月ころから近隣のスーパーやクリーニング店でも目撃されなくなり、あかりは「母は別のところにいます」などと不審な供述をしていた。
6月5日、守山署はあかりを死体遺棄容疑で逮捕する。その後、死体損壊、さらに殺人容疑で逮捕・起訴に踏み切った。
一審の大津地裁ではあくまで殺人を否認していたあかりだが、二審の大阪高裁に陳述書を提出し、一転して自らの犯行を認める。
母と娘――20代中盤まで、風呂にも一緒に入るほど濃密な関係だった二人の間に、何があったのか。
公判を取材しつづけた記者が、拘置所のあかりと面会を重ね、刑務所移送後も膨大な量の往復書簡を交わすことによって紡ぎだす真実の物語。
獄中であかりは、多くの「母」や同囚との対話を重ね、接見した父のひと言に心を奪われた。そのことが、あかりに多くの気づきをもたらした。
一審で無表情のまま尋問を受けたあかりは、二審の被告人尋問で、こらえきれず大粒の涙をこぼした――。
殺人事件の背景にある母娘の相克に迫った第一級のノンフィクション。
©齊藤 彩 (P)2023 Audible, Inc.

同じ著者・ナレーターの作品

母という呪縛 娘という牢獄に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    190
  • 星4つ
    43
  • 星3つ
    11
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    187
  • 星4つ
    35
  • 星3つ
    13
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    2
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    181
  • 星4つ
    43
  • 星3つ
    8
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    5

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
jxのプロフィール画像
  • jx
  • 2023/07/20

辛く苦しいが視聴して良かった。

事件の経緯を本人の視点で詳細に語られた本はこれまでほとんど読んでこなかったのだが、想像を絶するほどの母親からの数々の圧力や暴力(虐待行為)が聴いていてとにかく苦痛で、途中で泣きそうになり、視聴を中止しようかと躊躇ってしまった。かと言ってこの本の視聴を否定をするつもりは毛頭ない。

この作品は知るべき事実に溢れ、あかりさんと著者の信頼関係の賜物であるとも感じた。
幼子ながら子を持つ親として、子供の教育に向き合う上での反面教師としてこの事件の話は今後も忘れることはないだろう。

誰かに助けを求めてもそれが身を結ばない事への絶望感はこの世のものとは思えないが、これが現実に起きてしまったことなのだ。

殺人はもちろん大罪である認識に変わりはないが、生きるための選択肢をいくつも試した後の最終手段に手を出さなくてはならなかった彼女の心情に心底同情を隠し得ない。

この日本では彼女らと似たような状況に追い込まれている子供もまだいるかも知れない。
そう言った声に気付けるような人でありたいと私は強く思う。

最後にあかりさんが罪を償った後に父と穏やかに暮らしていける事を願ってやまない。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
cocoのプロフィール画像
  • coco
  • 2023/07/16

涙が溢れた

私はシングルマザーで精神科医をしています。母は、とても支配的で自分の思い通りの行動をしないと、性格が悪くなったと嫌味を言ってくるような人でした。母との関係が原因で夫婦関係もうなくいかなくなり、シングルマザーとなりました(と、当時は思っていました)。そんな母を恨んだ日々もありました。小学校のころは、あかりさんのお母様ほどではなかったですが、結果が悪いとあからさまに不機嫌になる母でした。塾からの毎週のテスト結果が送られてくるのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。大震災が起きてテスト結果ごと、消えてしまえばよいのにと思っていました。進学校の中学に進学して落ちこぼれました。小さい頃から医者になりたい!って自分で言ってしまっていたばっかりに、到底医学部に届かない成績だったので、生きた心地がしませんでした。一年浪人して医学部に受かった時は、喜ぶよりも、これで親を、安心させられると安堵の気持ちのほうが大きかったように思います。医師となれたこと、現在、好きだと思える仕事につけていることもあり、親には感謝の気持ちももちろんたくさんありますが、生きた心地がしなかったあの頃は苦しかったなと思います。ただ、私も大人になり、また日々患者さんと向き合う中で、母も、苦しかったのかな、と思います。あかりさんのお母様があかりさんにしたことは決して許されることではないですが、お母様もとても、孤独で苦しくもがいていなのかな?と思いました。あかりさんのように苦しむ子供たちは現在も一定数います。同じような事件を繰り返さないためにも精神科医として、親子の心の受け皿となり続けたいと改めて決意させていただきました。あかりさん、あかりさんのご家族のこれからの人生を陰ながら応援しています。本にしてくださりありがとうございました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
匿名のプロフィール画像
  • 匿名
  • 2023/07/17

魂を抜かれた

余りにも残酷で、苦しくて、耳を塞ぎたくなるような本当の話。
でも聴くのをやめられない。それはナレーターの方の話し方が素晴らしかったからです。最初は、「この重すぎる題材にしては軽やかな話し方過ぎないか?」と、もう少しドキュメンタリーチックに話して欲しいと思ったが、10分後にはそんな考えは失せ、ナレーターの絵理さんを調べまくりました。何処にも情報が無く、知っている方がいたら教えて欲しいです。

内容について、先ず私が興味を持ったのは滋賀医科大学生母親殺害事件という余りにも衝撃的な事件が取り扱われているからです。どんなグロテスクな内容が描かれているのだろう、さぞ生々しい供述があるのだろうと思いました。
しかし、私を襲ったのは衝撃ではなく、チクチクと身体の全身を針で刺されていくような怖気。
ドキュメンタリーであるのに、聴いている間私は、確かにあかりさんだった。母を本気で憎み、同情し、時には依存し、殺意を抱きました。
何処の家庭にだってほんの少しはある、親子の「歪」。誰だって絶対的な母親の気まぐれな愛憎に多かれ少なかれ、翻弄された事があるのでは?
そんな心の「隙」をついてくるような文に引き込まれて、魂を抜かれました。

ドキュメンタリーに似つかわしく無いレビューで申し訳ありません。
現実だからこそ、決して取り返せない過去とこれからの輝かしい希望。
あかりさんのこれからの人生の幸福を、お母様のご冥福を心よりお祈りします。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
inunekoloveのプロフィール画像
  • inunekolove
  • 2023/07/19

あまりにも辛すぎる

服役を終えたら、もう何にも心を縛られない、強制されない人生を送って欲しいと思いました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Amazon カスタマーのプロフィール画像
  • Amazon カスタマー
  • 2023/07/17

呪縛、牢獄

「モンスターを倒した。これで安心だ。どちらかが死なないと終わらない。」
毒親、親ガチャ失敗が最大になるとこうも破滅してしまうのか。読んで尚、あかりは殺して正解だったとしか思えない。出所後人生の半分以上の色をなくしたものになっても、数年間服役したとしても。
9浪でしょ、医者、助産師、すべてに「こだわる」から母は苦しかった、狂気を持ち続けてしまった。これがノンフィクションなんだもんなぁ。
母という存在は、影響が大きすぎるよ。呪縛にもなりうる。子どもは牢獄とも感じる。どこの家族にも、少なからずその呪縛や牢獄はあるのかもしれない。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
やまのプロフィール画像
  • やま
  • 2023/08/31

心が痛い。思わず涙が溢れました

本を最後まで読むのが苦手な私ですが、冒頭から引き込まれました。
これが実話だなんて辛すぎて信じられません。
娘への数々の暴言や虐待があり人間じゃないと思わせる母親ですが、話の折々に娘への愛が感じられ人間なんだなと心苦しくなります。
母親は最後に何を思ったのか。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
keiko.kのプロフィール画像
  • keiko.k
  • 2023/08/29

壮絶な母娘の関係に心を抉られる

いわゆる犯罪ルポのノンフィクションものですが、母を殺した主人公の心の動きが細かに描写されていて、心を抉られます。主人公には自閉症スペクトラムがあったと思いますが母もまたそうだったのでしょう。最初は自分のしたこととを隠そうとする主人公が、罪に向き合っていこうとする姿に、更生の兆しを感じ、救われるような思いでした。母による罵倒など聴くのが辛くなる部分もあるのですが、何より真実の話であるというところに重みを感じ、最後は涙しました。どうか主人公がいつか無事社会復帰して決意した通りの他人も助けられる人になれますようにと祈らずにはいられません。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
ラピスのプロフィール画像
  • ラピス
  • 2023/08/25

今後のあかりさんを応援したい

共感できる。あかりさんは長い間良く耐えたと思う。側から見て異様だと思う事も渦中の当事者は気付きにくい。あかりさんが起こしてしまった事は許される事ではないが、自分だったらこんなに耐えられなかっただろう。歪んだ親の狂気が子に死体損壊までさせてしまう。親として子供の養育の仕方、愛情表現、とてもとても考えさせられました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
猫のひげのプロフィール画像
  • 猫のひげ
  • 2023/08/17

娘と毒親のリアルな関係性

毒親と世間ではそんな表現をする言葉がある。自分の思い描いた状態にならないとイライラし、罵倒する親がいる。
私も親から受けた言葉や態度は少ないが心に傷を負った経験がある。しかし、この本の中に描かれた内容は、想像を超え次どうなるの?なぜあかりさんは、そこで「はい」と返事をしているの?「もう嫌だ」と何故言えないの?
罵られても、叩かれても背中にアザができた時に、助けを呼べる力があったら、虐待を証明する事ができただろうに。
リアルにあかりの心情を文章に描かれていて、深みにハマる様にストーリーを聞いてしまった。ナレーションの声もトーンもこのストーリーを邪魔しない語りだったように感じた。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
匿名のプロフィール画像
  • 匿名
  • 2023/07/27

主人公に寄り添いたい

実話だと聞いて、胸が痛みます。母、娘の苦しさの両感情が入ってきて、引き込まれました。ナレーションの方もスムーズで感じが良いです。ステキな作品、ありがとうございました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!