最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

打ちのめされるようなすごい本

著者: 米原 万里
ナレーター: 谷合 律子
再生時間: 18 時間 49 分
カテゴリー: 評論・対談
4.5 out of 5 stars (10件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「ああ、私が10人いれば、すべての療法を試してみるのに」。2006年に逝った著者が、がんと闘いつつ力をふり絞って執筆した「私の読書日記」(週刊文春連載)に加え、1995年から2005年まで10年間の全書評を収録した最初で最後の書評集。ロシア語会議通訳、エッセイスト、作家として56年の生涯を走り抜けた米原万里を知るには必読の一冊。この本には、彼女の才気とユーモアが詰まっています。

©米原 万里 (P)2018 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    9
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2018/11/14

がろん<br />

著者の圧倒的な読書量に圧倒されつつ、どれも今日見を惹かれ読みたくなってくる。
 書評を通じて著者本人がどんな人物なのかが気になってくる。

2人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

同じ著者・ナレーターの作品