最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

『一房の葡萄』は、1920年(大正9年)児童雑誌『赤い鳥』8月号に掲載された童話の名作。学校で起きたある出来事から、良心の呵責に苛まれる少年と女性教師の包容力を描いた作品。
有島 武郎(ありしま たけお、東京生まれ、1878年 - 1923年)。志賀直哉や武者小路実篤らと同人誌「白樺」に参加。代表作は、『カインの末裔』『或る女』『生まれ出づる悩み』など。
(P) 2011 MBS

同じ著者・ナレーターの作品

ナレーター

一房の葡萄に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。