最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

山本周五郎「日日平安」

著者: 山本 周五郎
ナレーター: テルヤン
再生時間: 1 時間 49 分
カテゴリー: 名作文学
5 out of 5 stars (2件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

     <内容紹介>
山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。
 

    <あらすじ>
井坂十郎太を呼び出した浪人者は妙な男だった。
なんでも切腹をしたいので懐紙がほしいのだという。十郎太が懐紙を渡して立ち去ろうとすると、今度は腹を切る際の介錯を頼みたいという。十郎太があっさり受け入れると、男は狼狽して本音を明かした。空腹で死にそうなので、金を無心したいのだという。まだ納得はいかないながらも懐を探った十郎太は、これから江戸に帰るにもかかわらず、紙入を叔父の家に置いてきたことに気付く。十里あまり戻って叔父の家に行こうとする十郎太に、男は「一緒に行きましょう」という。
男は立ち寄った茶店で自分は菅田平野だと名乗る。菅田は国元の家老・陸田に不満を持っていた。「日々平安」を第一に百姓や町人の困窮の声に耳を貸さないのだという。だが決行の前に事が勘付かれたのか、菅田は江戸に帰るよう言われたらしい。話を聞いて正義感を燃やす十郎太と、困窮した現状を打破するために十郎太を利用しようとする菅田。その思惑の行方は……
 

    <山本周五郎(やまもと・しゅうごろう)>
1903~67年。小説家。山梨の生まれ。本名・清水三十六(さとむ)。名は生まれ年からつけられ、筆名は東京で徒弟として住み込んだ質屋「山本周五郎商店」にちなんだ。20代前半に作家活動を始め、39歳の時『日本婦道記』が直木賞に推されたが受賞辞退。その後も多くの賞を固辞する。江戸の庶民を描いた人情ものから歴史長編まで作品は数多い。代表作には、「樅(もみ)ノ木は残った」「赤ひげ診療譚」「おさん」「青べか物語」「さぶ」などがある。1987年9月には、「山本周五郎賞」が新潮文芸振興会により設定された。    

©2018 PanRolling

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。