最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。

 その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。




<あらすじ>

寛文五年の秋のある日、徳川光圀の元へ、士官を頼むために訪れた五百旗五郎兵衛という浪人がいた。執事の鈴木主税が応対し、銀子を渡して帰そうとしたが、ひどく落胆した五郎兵衛は庭を借りることを願い、そこで腹を切った。五郎兵衛が士官を頼む際に、己の技芸を申し立てず、自分に八つの子があり、その子と共にお役に立ちたい所存だと言っていたことを聞いた光圀は、自身の不明を悟り、五郎兵衛の遺族を探すが、見つからなかった。

 それから十六年後、水戸藩の行列について来ようとする、一人の旅姿の侍が現れるが、捕らえてその目的を糾明しようとしても、素早く逃げてしまう。その侍は五郎兵衛の息子だったのだが、彼の目的は……



<山本周五郎>

1903~67年。小説家。山梨の生まれ。本名・清水三十六(さとむ)。名は生まれ年からつけられ、筆名は東京で徒弟として住み込んだ質屋「山本周五郎商店」にちなんだ。20代前半に作家活動を始め、39歳の時『日本婦道記』が直木賞に推されたが受賞辞退。その後も多くの賞を固辞する。江戸の庶民を描いた人情ものから歴史長編まで作品は数多い。代表作には、「樅(もみ)ノ木は残った」「赤ひげ診療譚」「おさん」「青べか物語」「さぶ」などがある。1987年9月には、「山本周五郎賞」が新潮文芸振興会により設定された。
(c)2018 Pan Rolling

水戸梅譜に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    24
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    20
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    21
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • chuck
  • 2018/03/09

感動‼︎

ストーリーもナレーションも素晴らしく、聞いて居て眼に涙しました。