最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

【第163回 直木賞受賞作】
傷つき、悩み、惑う人びとに寄り添っていたのは、一匹の犬だった――。
犬を愛するすべての人に捧げる感涙作!

2011年秋、仙台。震災で職を失った和正は、認知症の母とその母を介護する姉の生活を支えようと、犯罪まがいの仕事をしていた。
ある日和正は、コンビニで、ガリガリに痩せた野良犬を拾う。多聞という名らしいその犬は賢く、和正はすぐに魅了された。
その直後、和正はさらにギャラのいい窃盗団の運転手役の仕事を依頼され、金のために引き受けることに。
そして多聞を同行させると仕事はうまくいき、多聞は和正の「守り神」になった。
だが、多聞はいつもなぜか南の方角に顔を向けていた。多聞は何を求め、どこに行こうとしているのか……。
©馳 星周 (P)2020 Audible, Inc.

少年と犬に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    92
  • 星4つ
    29
  • 星3つ
    12
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    3
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    84
  • 星4つ
    29
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    69
  • 星4つ
    32
  • 星3つ
    12
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    5

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2020/09/02

朗読っていいですね

小説は活字で読むものという意識があったのですが、試しに利用してみようと軽い気持ちでした。 通勤時間が長く、いつも自己啓発モノでは息切れ感が出ていたのもあり、新鮮でした。 物語を読み聞かせてもらうのは大人になってからこそ利用すべきと思いました。 プロの方が読んでくれると、ここまで没入感と感情移入できるものかと見方が変わりました。 作品はいろんな方が素敵なレビューをされると思いますが、人と動物との出会いを中心に、様々な人間関係が描かれています。 とても良い作品でした。おすすめです。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • かねちゃん
  • 2020/09/05

感動です。

最後に泣いてしまいました。 とても良いお話しです。 この物語の主人公は犬でございます。犬が旅をするのでございます。旅の途中で出会ういろいろな人間のドラマが描かれております。 そして、旅の行き着く先に、感動が待っているのでございます。 私も以前、犬と暮らしたことがありますが、また犬と暮らしたいと思いました。かつての愛犬をいとおしく思います。

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • 鈴木一郎
  • 2020/11/24

これが直木賞?

短編みたいに切れる物語に繋がりはほぼないし、一つ一つが感動する物語でもない。 最後の章がメインになるんだろうけど、絵本を読んでるようで退屈だった。 かわいそうなゾウを見直した方が時間を無駄にしなくてよかったなって思う内容で、星は当然1つ。本音は0。期待した分損します。 馳星周はこの手の作品は向いてませんね。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • M
  • 2020/10/14

フィクションとするかファンタジーとするか

話が出来すぎている、多聞を完璧にし過ぎていると感じた 読みてを裏切る手法がちょっと乱暴だとは思う。 短編だし、仕方ないのかも知れないが… 娼婦と犬の章が無ければ中高生に読んでみて欲しい1冊だったなぁ

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • ゆずしば
  • 2020/11/23

ありがちかな

犬が出てくる話としてはありがちな感じ。特に犬にやたらとロマンが詰め込まれているのが。 犬にからむ人たちの不幸も型どおりで、感銘をうけるところはなかった

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • kazu
  • 2020/10/30

うーん。面白いけど。

何かもの足りない。テクニックでサラッと書かれた物語に感じた。パッションが伝わらない。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2020/10/27

読後感

最終章がどうなるものか?、大変興味深く期待していました。期待通り感動的でした。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2020/10/23

ぜひ、読みたい1冊

犬が出会う様々な人の生きざま、犬の目的は何なのかと思わせるストーリー、感動的なラスト。この本に出会えてよかった。ナレーションも自然に場面を伝えてくれました。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2020/10/15

少年と犬 について

ナレーションが素晴らしかった。 声の使い分けも巧みで、臨場感がありました。 登場人物それぞれの人生が、悲しくもあり、やるせなくもありましたが、犬が寄り添うことで支えられ、印象深いものになった良い作品でした。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 中坪悠児
  • 2020/09/24

一冊目がこの作品で良かった

とても引き込まれて、読み手も作品も最高でした。超然とした多聞の姿をありありと想像出来ました。大満足です。