最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

【全国で話題沸騰、発売たちまち8万部突破!】
【速報】「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」総合グランプリ第6位・リベラルアーツ部門第2位!
台湾、韓国からも翻訳オファー!
 

還暦で世界初のインターネット生保(ライフネット生命)を起業し古希で日本初の学長国際公募により立命館アジア太平洋大学(APU)学長に就任した“稀代の読書家”が古代ギリシャから現代まで100点以上の哲学者・宗教家の肖像を用いて「哲学と宗教」の全史を体系的に語る。
これまでもなく、これからもない、空前絶後の教養書!
 

世界史を背骨に、日本人が苦手とする「哲学と宗教」を現代の知の巨人が初めて解説!
 

3000年の本物の教養を一冊に凝縮!知的興奮が高まる書!

©2019 Haruaki Deguchi (P)2020 Audible, Inc.

哲学と宗教全史に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    67
  • 星4つ
    20
  • 星3つ
    5
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    43
  • 星4つ
    24
  • 星3つ
    8
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    52
  • 星4つ
    17
  • 星3つ
    5
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    2

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2020/09/13

自然科学の大切さを実感しました。

出口先生の博学と洞察力の深さに心服致しました。人文科学の面白さと必要性を感じました。
ありがとうございました。

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • 機関
  • 2021/02/01

中学世界史+中学生が要約したような哲学知識。内容のない雑学的な書籍の割に幅が広いため頭に残らない。むしろ害悪

哲学と宗教を雑学的なレベルで知人に語りたい人や、一読してその場限りの満足感を味わいたいビジネスマンなどにはおすすめです。
ただこの書籍は全く読者の中には残りません。
ただのカタログのようなもので、詳しくは以下の書籍を読んでくださいというような内容です。

哲学や宗教の深い内容やなぜその時代にその哲学や思想が生まれたのか、なぜこれからも哲学や思想が必要なのかを殆ど語っていない。そのため、哲学や思想を本当の意味で理解して今後の人生や人のために役に立てようと思う人にはこの書籍は全く役に立たない。
そもそも、筆者は哲学や思想を深く理解していないのではないか。
筆者は自らが紹介している参考書籍などをパラパラ読んで理解せずに要約したのではないか。
筆者本人が言及されていますが、かなり昔に哲学をかじった程度の素人の知識で、よくこの大それたタイトルの書籍を書こうと思ったなと、ちょっと厚かましさにビックリしてしまいます。
ご本人がおっしゃってるように哲学や思想をこれから役に立ててほしいという強い願いがあるなら、なぜ、専門家に執筆依頼をしなかったのか。それは筆者の出版への自己満足では?
哲学や思想の専門家と一緒に執筆していれば、こんなに酷い書籍にならなかったのではないか。
そもそも、哲学や思想のこれまでの問題点とこれからの必要性について、ご本人もしっかりした考えを持っていない。
それだからこそ、この書籍はどこにも重点のない、ダメな世界史と哲学の要約になっている。
細かい所では、筆者独自の気持ち悪い名前の呼び方が気になるが(メッカ→マッカなどなど)、そんなコダワリは要らないから内容にコダワってほしかった。
また哲学者の説明に関しても間違ってはいないが、そこは重要な所では無いだろうという箇所を語ったり、そもそも説明になっていなかったり、もう本当にダメです。
また英米で主流の分析哲学についてもほぼ触れていない!また、思弁的実在論や新実在論などの新しい哲学についても全く触れていない。
20世紀後半の大きなポストモダンの流れとその終焉がなぜ起こったについて語らないようでは、現代に生きる我々にとって哲学の歴史としては全く役に立たないのではないか。
そんな内容のないクソみたいな書籍なのに値段は高いし、筆者のどうでもいい感想をちりばめてあるし、本当にこんな本読んでてはダメだと強く言いたい。
私は無料だったし、自動車の運転の際に暇なので最後まで聴いたが、本当に無駄でした。
朗読者については英語の発音が酷すぎる以外はまあ、良い声です。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • テルキ
  • 2020/11/17

浅く広く時系列に哲学を知れる

入門書として分かりやすいと思います。
紙媒体では読破できなかっただろうな、と思えるくらいには退屈。
それぞれの人物の時代背景や育った環境が語られているので物語としても面白い。
逆に教祖や哲学者の事は少し深堀をしているが、個々の宗教や学派についての内容や歴史は専門書が必要だし、読みたくなる。そのような興味を惹かれるような内容である訳だから良書であるのかもしれない。
当たり前ではあるけどイデオロギーの類はほぼ触れられて無いです。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • onazimaimai
  • 2021/01/13

全史を名乗るにはコンパクトすぎるが、一般教養書としては適切

古今の哲学者、宗教者を当時の時代背景、伝記を交えながら解説している。哲学者同士、宗教同士の関係性が分かりやすくなっている。
ただ、全史と名乗るにはあまりにも省略されている部分が多く、教義や理論の中身の紹介もごくあっさり。特に中世以降は西洋哲学に紙面の殆どが取られてしまっており、いささか偏りと内容の薄さを感じざるを得ない。
だが逆に、時間がないビジネスパーソンや大学1年生が教養として学ぶのにちょうど良い濃さとボリュームであるとも言える。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 発信するサル
  • 2020/11/21

分かりやすかった

時代の流れに沿って発展してきたそれぞれの哲学、宗教について分かりやすくまとまっていた。
哲学の話になると眠くなってしまうことが多いが、本書では著者のユニークでざっくりとした独自解釈などもあり、最後まで楽しく聴くことができた。
著者の言うとおり、科学が支配する今の時代だからこそ、生きる術として発展してきた哲学や宗教に生きるためのヒントを得る価値はあるのだと思う。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2021/02/20

分かりやすい入門書

出口治明先生の著書「哲学と宗教全史」は、哲学と宗教の基本理念や歴史について、分かりやすく簡潔に書かれていて、大変勉強となる入門書である。これを機会にヘーゲルやカント、ソクラテス、プラトンの書物に挑戦してみたら如何?

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 面舵360度!
  • 2021/01/30

過去は混乱、現代は情報氾濫、その中で 何を大事にしていくかを学べる良書

哲学は哲学者や1つか2つの語録を知っても
なかなかものにできない。 そこで古代から現代まで一気貫通、歴史を交えて解説されることで『先人の考え方→それが通用しなくなる時代の到来→先人の批判→新しい考え方』という
繰り返しだという流れがよくわかります。
超長いですが章ごとに区切って聴けば大丈夫。
特に最終章、現代哲学は情報の洪水と多様性という価値観濫立の時代に何を取捨選択するかの
助けになると思います。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • sn
  • 2021/02/23

素晴らし過ぎます

宗教と哲学の全体像を把握する出口さんの力量に感嘆します。あっという間に13時間でした。