最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

 本タイトルはiOSアプリ(iOS 3.28)のアップデートにより「高音質」でのダウンロードも可能になりました。(2020年7月13日更新) 

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)
 

佐藤優氏が30年間、たえず読み返してきた「座右の書」であり「最高の基本書」であり「伝説の学習参考書」。
あの『大学への日本史』が読みやすくなって、しかも最新情報で新登場!
本書は【教養編(古代・中世・近世)】【実用編(近代・現代)】全2巻をセットにした合本版のオーディオブックです。

©安藤 達朗/佐藤 優/山岸 良二 (P)2020 Audible, Inc.

いっきに学び直す日本史 【合本版】に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    2
ストーリー
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    2

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2020/08/02

地名など漢字の読みをチェックしてください。

全体に聴きながら、日本史について再学習するのにとても素晴らしい内容です。少し気になったのがナレーションの方の漢字の読みでした。上野国をうえののくにと読んだり、蔵相をくらしょうと読んだりですが、私の勉強不足で、それも正解ならばごめんなさいです。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • minerva2050
  • 2020/07/09

これは快挙、縄文時代から現代JR民営化まで、一人語りの日本通史

さすがにまだ途中までの聴取ですが、精緻を極めた日本通史、面白いですね。
作者の執念でしょう、通史の一人仕事としてはドナルドキーン氏の日本文学史を思い出しますが匹敵しますね。
ナレーターの方も大変だったでしょう、最後までこの名調子が続くのか分かりませんが。

なにより1コインで42時間、このお得感はすごい。この企画そのものが立派。

やはりテキストは上下巻手元にあったほうがいいでしょう。佐藤優氏の言われる通り座右の書、座右のオーディブルとして永く残したいですね。

とにかくこれは快挙、いい仕事です。



  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • jazzz
  • 2020/09/13

歴史物について

数ヶ月はかかると覚悟していたが、タイトル通り一気に聴く事が出来た。
もちろん、ほぼ流し聞きになってしまったで、個々はあやふやになってしまう。
しかし、膨大な量を聴き終えた達成感と共に、本書の主旨の一つで有る「日本史の全体」を堪能出来て嬉しい。
欲を言えば、このよう様な「歴史物」を聴く時は、発生年度、生没年度の読み上げをカットするオプションが欲しい。
年度の読み上げで、集中力と興味が一気に白けてしまう。年表で十分だ。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Amazonのお客様
  • 2021/02/27

読み間違えが気になる

別の方も書かれていましたが、わたしも気になりました。上野(こうずけ)や蔵相(ぞうしょう)を正しく発音できていない。
読み間違えが、おそらくもっとたくさんあるんでしょうね。
日本語の音声は漢字の音読みに同音異義語が多いため、もともと聞き分けるのが難しいという特徴があると思います。その上、読み間違えまであっては、、、せっかくいい本なのに残念です。
ナレーターの人選には、声質だけでなく、読書の習慣があるかとか、必要な国語力があるかなどの確認をしていただきい。そして、校閲スタッフ?も仕事をしてほしい。
読み間違えの修正版は出ないんでしょうか。このままだと、作者が気の毒です。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 鈴木
  • 2021/01/09

予習、復習によい

日本史の復習によいです
この朗読が学生時代にあればテスト勉強に必要な時間を減らしてもっと効率よくやれただろう