最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

著者: 佐々木 典士
ナレーター: 菅沢 公平
再生時間: 7 時間 8 分
4.5 out of 5 stars (74件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 3,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

【ミニマリスト宣言!!】
持ちモノを自分に必要な最小限にする「ミニマリスト」という生き方。
ぼくはモノを減らすことで何もかもが変わり、なぜか毎日「幸せ」を感じられるまでになってしまった。
誰かと比べてばかりいて、みじめだった。将来への不安で、ずっと停滞していた自分が動きはじめた。
最小限にしたからこそ、見えてくる本当の豊かさ。モノが少ない幸せがあることを知った。
モノも情報もあまりに複雑化した現代。
そのノイズに阻まれて、本当に自分に何が必要なのか、何を大事にしたいのかさえわかりにくくなっている。
できるだけ多くのモノを手に入れるのが唯一の正解だった時代はもう終わった。
それがほんとうの「幸せ」にはつながらないことをなんとなくみんなが気づき始めている。
生き方にはもっと自由な選択肢があっていいはず。
他人の目線ばかり気にした世界から、自分の声に耳を澄ませてみること。
断捨離からミニマリストへ。
終わりのないモノへの追求から一度思いっきり距離をとってみること。
これはもう一度「幸せ」について考え始めることに他ならない。
 

【巻頭カラー】
ミニマリストの部屋公開×4
世界一周可能な、バックパックの中身公開!!
 

【第1章】
なぜ今、ミニマリストが生まれたのか?
 

【第2章】
なぜ、モノをこんなに増やしてしまったのか?
 

【第3章】
モノを捨てる方法最終リスト55!!
 

さらに捨てたい人へ追加リスト15!!
&「捨てたい病」への処方箋
 

【第4章】
モノを捨て、ぼくが変わった12のこと
・時間ができる
・生活が楽しめる
・自由と解放感を感じられる
・人と比べなくなる
・人の目線を恐れなくなる
・行動的になれる
・集中力が高まる。自己に徹する
・節約だってできる。エコにもなる
・健康になれる。安全である
・人との関係が変わる
・今、ここを味わえる
・感謝できる
 

【第5章】
幸せに「なる」のではなく「感じる」
 

【著者略歴】
佐々木典士(ささきふみお)
編集者/中道ミニマリスト
1979年生まれ。香川県出身。早稲田大学教育学部卒。出版社のみを志望し、3年間就活をする。
学研『BOMB』編集部、INFASパブリケーションズ『STUDIO VOICE』編集部を経て、2016年までワニブックスに勤務。
すべてを保存し、何も捨てられない汚部屋出身。2010年頃から、身のまわりのモノを手放し始める。
2014年クリエイティブディレクターの沼畑直樹とともに、ミニマリズムについて記すサイト『ミニマル&イズム less is future』を開設。本書が初の著書。

©佐々木典士/ワニブックス (P)2018 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    40
  • 星4つ
    24
  • 星3つ
    6
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    2

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    31
  • 星4つ
    17
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    26
  • 星4つ
    19
  • 星3つ
    6
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    3
並べ替え:
  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • 手刀
  • 2019/05/14

とにかくナレーターがうるさい

ナレーターが無駄に感情を込めすぎているため、暑苦しくイライラしてきます。
もっと普通に穏やかに読んでほしい。
試しに聴いてみた女性のナレーターの他の本は聴きやすかったです。

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2018/09/16

共感できる点多数

ミニマリズムに興味があり、聞きました。ナレーションも聞きやすく、ミニマリズムの考え方には共感できるところが多かったです。
物への執着を断ち、悟りを開く筆者の気持ちがよく分かりました。

7人中4人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • snoopyio
  • 2019/02/11

断捨離。それが現代の正解なのか。

断捨離を定期的にやる人でも、どうしても捨てられないものは残ってしまう。また、断捨離をしてるからといって、常に要らないものを捨てられているわけではない。捨てる。常に持たない。これが正解と本作は説いています。

私は2人の子供持ちですが、ものが増え続けるこういう家族構成でこそ、読むと良いかもしれません。かなり影響受けました。

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • 正しい評価をします
  • 2018/11/08

内容は無い

ただひたすらに捨てろと叫んでいるだけ。どれだけ物が必要かは人によって違う。あるいは必要ではない物があることの方が幸せなこともある。その分別すらせずに捨てることは善と決めつけている。自分の趣味が他人にも普遍的に当てはまると思っている単純な人間の典型。

5人中2人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • ももとび
  • 2018/09/26

モノが臨界点に達してる人なら一読すると良い本

断捨離モノ減らしの本を何冊も読んで挫折経験者である自分は、主婦で4人家族で、海外暮らしなので、男性で東京の一人暮らしの著者による断捨離の本が具体的な参考になるかなと思っていたが、今まで読んで来た女性による本とは全く異なる視点が面白かった。ただ、著者の信念は理解するが、あまりにそこに熱が入りすぎて、最後の方には少しそこが鼻についてしまったのが残念だった。

5人中2人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Fukafuka
  • 2018/09/27

断捨離からミニマリスト

期待以上の内容でした。
モノが語りかけてくると言うフレーズに目から鱗でしたし、ミニマリストに対する印象が大幅に変わりました。自分も目指したいと強く感じました

3人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 是枝
  • 2018/12/28

ズボラ主婦、3時間で人生激変

年末、家にいる時にワイヤレスヘッドホンで倍速で聴くと良い。聴きながらひとりでに身体が動きだし、半日でがんがんモノを減らした。たった半日で食器棚や冷蔵庫を覗くのが楽しみな生活になった。この本も最後まで聴くことができた。自分を、人を大切にする事ができるようになった。内容も朗読も◎ありがとう!

1人中0人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。