最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

おくのほそ道

著者: 松尾 芭蕉
ナレーター: 岡崎 弥保
再生時間: 1 時間 3 分
カテゴリー: 古典・神話
4 out of 5 stars (10件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

<内容紹介>

月日は百代の過客にして

行き交ふ年もまた旅人なり



旅の詩人ともいわれる松尾芭蕉は、四十六歳の春、まだ見ぬ陸奥(みちのく)の地をめざして門弟曾良(そら)と旅に出る。住み慣れた住まいを人に譲り、旅に死す覚悟をも持ちながら、これから足を踏み入れる未知なる世界に、芭蕉の心は高揚する。



かくして江戸・深川から日光、那須野と北上し、白河の関を越え、松島、平泉と奥州の道をゆく。立石寺、出羽三山、象潟(きさがた)などを巡り、北陸に出て越後、金沢を南下し、結びの地・大垣に至る。一五〇日余、約二四〇〇kmの行程であった。その後、何度も推敲が重ねられ「おくのほそ道」は完成する。



名文・名句が散りばめられた芭蕉の最高傑作ともいえる「おくのほそ道」は、今なお人々の心を漂泊の旅へといざなう・・・



<収録内容>

01 タイトル

02 百代の過客

03 旅立

04 草加

05 室の八島

06 仏五左衛門

07 日光

08 黒髪山

09 那須

10 黒羽

11 雲岸寺

12 殺生石・遊行柳

13 白河の関

14 須賀川

15 栗の僧

16 浅香山

17 信夫の里

18 佐藤庄司旧跡

19 飯塚

20 笠島

21 武隈

22 画工加右衛門

23 壺の碑

24 末の松山

25 塩竈

26 松島

27 雄島

28 瑞巌寺

29 石巻

30 平泉

31 尿前の関

32 尾花沢

33 立石寺

34 大石田

35 最上川

36 羽黒

37 出羽三山

38 酒田

39 象潟

40 越後路

41 市振

42 那古の浦

43 金沢

44 多太神社

45 那谷

46 山中

47 全昌寺

48 汐越の松

49 天龍寺・永平寺

50 福井

51 敦賀

52 種(いろ)の浜

53 大垣
(c)2016 Pan Rolling

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2018/05/02

やはり素晴らしい。

俳句はもちろんだが、それ以外の紀行文で言葉の密度がすごい。聴いていて美しい音楽のよう。