検索キーワード (著者:"東洋経済")(すべてのカテゴリー)

検索結果:225件
並べ替え:
    • スキルアップパック

    • Welcome Pack Vol. 1
    • 著者: スティーブ・ソレイシィ, 渡邊 愛子, 立川 志の春, 、その他
    • ナレーター: アルク, 渡邊 愛子, 立川 志の春, 、その他
    • 再生時間: 12 時間 1 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

      こちらは複数の作品のセット商品です。   

    価格: ¥ 7,500

    • 松下幸之助40の言葉 (週刊東洋経済eビジネス新書 No.191)

    • 著者: 東洋経済新報社
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 1 時間 31 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 51
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 38
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 38

    本タイトルには付属資料が用意されています。お求めの方はライブラリーに追加した上で、Audible カスタマーサービス(customerservice@audible.co.jp)までお問い合わせください。
    PDF提供元:東洋経済新報社
    ※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

     「行き詰まったら自分より世間が正しいと考える」、「チャンスを引き寄せるには腐らず働く」。一代で松下電器産業(現パナソニック)を築き上げ、戦後最も成功した企業家と称される松下幸之助が残した言葉の一節だ。代表作『道をひらく』は1968年の初版以来、2015年5月520万部を突破。「素直な心」の本質とは。時代を超え幸之助が残した言葉から学び直せることとは…。不滅の思考法を解明する。  本書は『週刊東洋経済』2016年9月3日号掲載の22ページ分をまとめたものです。

    • 4 out of 5 stars
    • 学んだこと

    • 投稿者: Amazon カスタマー 日付: 2017/12/29

    価格: ¥ 1,000

    • 週刊東洋経済eビジネス新書 6冊セット テーマ:一流を目指すためのインプット&アウトプット

    • 著者: 東洋経済新報社
    • 再生時間: 8 時間 32 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

      こちらは複数の作品のセット商品です。   

    価格: ¥ 6,140

    • トマ・ピケティ『21世紀の資本論』を30分で理解する! (週刊東洋経済eビジネス新書 No.76)

    • 著者: 東洋経済新報社
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 1 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 55
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 47
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 48

    本タイトルには付属資料が用意されています。お求めの方はライブラリーに追加した上で、Audible カスタマーサービス(customerservice@audible.co.jp)までお問い合わせください。
    PDF提供元:東洋経済新報社
    ※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

     重厚な経済書が欧米で飛ぶように売れている。フランス人経済学者、ピケティ教授による『Le Capital au XXIe siecle(21世紀の資本論)』だ。格差の拡大は資本主義に内在するメカニズムだとし、急進的な課税による再分配を求める。日本の足元に広がる不透明な状況は、本書が示す資本主義の暗鬱な未来の一様相なのだろうか。  著者独占インタビューや、欧米でこの本が売れる背景、そして日本の中間層にはこれからどういった影響があるのかを徹底解説。また特典として、池田信夫氏(アゴラ研究所所長)による書き下ろしQ&Aも収録しました。  本書は『週刊東洋経済』2014年7月26日号第1特集の20ページ分を加筆してまとめたものです。

    • 5 out of 5 stars
    • 所得分配の格差

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/06/19

    価格: ¥ 1,000

    • 「食える子」を育てる(週刊東洋経済eビジネス新書No.209)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 長谷川 俊介
    • 再生時間: 1 時間 58 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

     2020年度の大学入試改革により、学力中心の教育は時代遅れとなりそうだ。

    価格: ¥ 1,000

    • 再生医療にかける夢 ~バイオベンチャー列伝3~(週刊東洋経済eビジネス新書No.171)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 海老塚 久蔵
    • 再生時間: 1 時間 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

     バイオベンチャー列伝シリーズ第3弾。今回は注目の再生医療3社を紹介する。再生細胞薬で脳梗塞治療を目指す「サンバイオ」。

    価格: ¥ 1,000

    • 30分でわかる「会社の数字」 (週刊東洋経済eビジネス新書 No.27)

    • 著者: 東洋経済新報社
    • ナレーター: 海老塚 久蔵
    • 再生時間: 1 時間 20 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 30
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 25
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 26

    本タイトルには付属資料が用意されています。お求めの方はライブラリーに追加した上で、Audible カスタマーサービス(customerservice@audible.co.jp)までお問い合わせください。
    PDF提供元:東洋経済新報社
    ※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

     会社の数字に強くなりたい──社会人ならば誰でも一度はそう思ったことがあるはずだ。数字を使わないで、取引先の安全性調査や投資計画の実行は至難の業だ。所属部署を問わず、デキるビジネスパーソンの多くは会社の数字に強い。  さらにいえば、優秀な経営者は例外なく数字にめっぽう強い。好業績を続ける会社では、大事な数字は経営トップの頭にすべて入っている。うろ覚えの数字では経営判断に支障を来す。あなたが経営幹部を目指すなら、数字に強いことは、求められる最低限の素養だ。  会社の数字が読めるようになるにはとにかく慣れること。習うよりも慣れろ──会社の数字ほどこの言葉が当てはまるものはないと、「会社の数字を読むプロ」たちは異口同音に話している。さあ、数字に慣れるための具体策を紹介しよう。

    • 4 out of 5 stars
    • 良かったです

    • 投稿者: Amazon カスタマー 日付: 2019/05/08

    価格: ¥ 1,000

    • 不動産投資の始め方 (週刊東洋経済eビジネス新書 No.197)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 長谷川 俊介
    • 再生時間: 1 時間 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

     空前の超低金利を受け、サラリーマン大家がブームだ。年金や保険が十分ではない。仕事の将来性が不安だ。おカネのゆとりが欲しいなど動機も多様だ。家賃収入は株式投資に比べて安定性が期待できると言われる。不動…

    価格: ¥ 620

    • 食えなくなった弁護士・会計士・税理士

    • (週刊東洋経済eビジネス新書No.28)
    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 40 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    「弁護士を続けていくべきかどうか、正直悩んでいる。普通に家庭を築いて、安心して暮らすことができない」。20代の新人弁護士の男性の本音だ。 弁護士だけではない。会計士や税理士といった、難関の試験を突破し、高度な専門知識や能力を持つ、社会的地位も高いはずの「士業」が、大きく揺らいでいる 

    価格: ¥ 500

    • はじめてのデータ分析(週刊東洋経済eビジネス新書No.226)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 海老塚 久蔵
    • 再生時間: 1 時間 57 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 31
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 27
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 27

    本タイトルには付属資料が用意されています。お求めの方はライブラリーに追加した上で、Audible カスタマーサービス(customerservice@audible.co.jp)までお問い合わせください。
    PDF提供元:東洋経済新報社
    ※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

    「スマホを使うと子どもの学力が低下する」とはよく聞かれる説だがこれは本当なのだろうか? 実際は何の根拠もなく、因果関係は実証されていない。このように、真実を見抜くためには分析力が必要だ。最低限のデータリテラシーを身に付けておかないと、知らぬ間に誤った分析結果を受け入れてしまう。  本書では、データと接する際に押さえておきたい基礎知識とビジネスで使われている最新事例を紹介する。ここで紹介する基礎知識は高度な数学的素養を必要としないので、はじめての人でも大丈夫。年間入場者数を急激に伸ばしたUSJや100円ショップのセリアなど、勝ち組企業の事例も。はじめての方のためのデータ分析入門書。
    本書は『週刊東洋経済』2017年6月3日号掲載の30ページ分を電子化したものです。 

    • 4 out of 5 stars
    • 豊富な事例で復習にも良し

    • 投稿者: なかやん 日付: 2018/05/14

    価格: ¥ 1,000

    • ベンチャー投資の舞台裏 (週刊東洋経済eビジネス新書 No.131)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 49 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

     ベンチャー企業の資金調達額やIPO(新規株式公開)件数が増え、久しぶりにベンチャー業界が盛り上がっている。大企業もベンチャーとの協業に活路を見いだし急接近しているが、一方でバブルの懸念もささやかれて…

    価格: ¥ 500

    • 近現代史(週刊東洋経済eビジネス新書No.211)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 2 時間 43 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 8

    2016年は世界史の転換点だったと位置づけられるかもしれない。英国のEU離脱決定、米国大統領選でのトランプ勝利、そして欧州各国で存在感を増すポピュリズム政党。東西冷戦の終結とソ連崩壊後に進んできたグローバル化に対して、大きな反動が起きている。ナショナリズムやポピュリズム、保護主義のうねりは何をもたらすのか。近代の国民国家が成立して200年余り。世界史の中に現代への教訓を探る。

    本書は『週刊東洋経済』2016年12月24日号掲載の特集30ページ分を電子化したものです。

    • 5 out of 5 stars
    • トランプ大統領誕生後と世界の近代史

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/07/22

    価格: ¥ 2,000

    • NISA 本当の使い方 (週刊東洋経済eビジネス新書 No.70)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 長谷川 俊介
    • 再生時間: 37 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

     2014年1月にNISA(少額投資非課税制度)がスタートした。制度の認知度はどうなっているのか。そして実際に使っている投資家は、NISAをどう考えているのか。“NISAの本当の使い方”を考えていこう。 

    価格: ¥ 510

    • 今さら誰にも聞けない株式投資の基礎の基礎 (週刊東洋経済eビジネス新書 No.02)

    • 著者: 東洋経済新報社
    • ナレーター: 長谷川 俊介
    • 再生時間: 41 分
    • 完全版
    • 総合評価
      2.5 out of 5 stars 14
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 11
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 11

    本タイトルには付属資料が用意されています。お求めの方はライブラリーに追加した上で、Audible カスタマーサービス(customerservice@audible.co.jp)までお問い合わせください。
    PDF提供元:東洋経済新報社
    ※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

     日本の株式相場にようやく明るさが出てきた。デイトレーダーらも年明けから積極参戦。信用取引の規制緩和もあって出来高も急増した。超低金利は長期化する見通しもあり、資産形成に株式を組み入れてみる価値はありそうだ。本書では、これから株式投資に挑戦してみたい読者へ向けて「基礎の基礎」をポイントを絞ってお伝えする。  まずは株式投資の魅力発見。 ○少額分散投資から始める。 ○株主優待だって魅力的。 ○マクロ経済で相場の全体像を見る。 ○信用取引を使い短期で稼ぐ。  一方、配当金や売買益には税金のことだって気にかかる。復興特別所得税や2014年の軽減税率撤廃やその緩和措置とは。「日本版ISA」ってなに。  締めくくりは、相場歴40年超の達人が日本株相場を語る。

    • 2 out of 5 stars
    • 2013年の情報です

    • 投稿者: 勉強初心者 日付: 2018/07/11

    価格: ¥ 500

    • 持ち家が危ない (週刊東洋経済eビジネス新書 No.208)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 長谷川 俊介
    • 再生時間: 1 時間 43 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    夢のマイホームを手に入れた。だが、その後の数十年でその資産価値が大きく減少するリスクがある。建物である以上は経年による減損はあるものの、問題はそれだけではない。不動産が子の世代に「負」動産になるにな…

    価格: ¥ 570

    • NPOでメシを食う! (週刊東洋経済eビジネス新書No.46)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 50 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 16
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 14
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 14

    本タイトルには付属資料が用意されています。お求めの方はライブラリーに追加した上で、Audible カスタマーサービス(customerservice@audible.co.jp)までお問い合わせください。
    PDF提供元:東洋経済新報社
    ※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

     ビジネスの手法を導入し、変わり始めたNPO業界。年収200万円といわれた職員の待遇も改善。清貧に甘んじる時代は終わるのか――。  「求人をすると、ゴールドマン・サックスやマッキンゼーなど、一流企業に勤める30歳前後の会社員が何人も応募してくる。年収は大きく下がってもいいから、社会のためになることをやりたいと口をそろえる」と、NPO理事は語る。  こうした若者たちを引き付けているのが、「社会起業家」の存在だ。著書がベストセラーになるなど、この領域に変革をもたらす存在として、数年前から注目を集めている。社会起業家の運営する団体では、社会問題の解決に加え、安定した利益を上げるケースが増えている。  社会貢献への想いを抱く若者が活動に専念できるようになれば、日本は変わるかもしれない。最近のNPO業界を追った!

    • 4 out of 5 stars
    • NPOの現状が分かった

    • 投稿者: Amazon Customer 日付: 2018/04/24

    価格: ¥ 520

    • あっと驚く2050年・超未来予測 (週刊東洋経済eビジネス新書No.26)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 海老塚 久蔵
    • 再生時間: 1 時間 3 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 43
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 34
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 34

    本タイトルには付属資料が用意されています。お求めの方はライブラリーに追加した上で、Audible カスタマーサービス(customerservice@audible.co.jp)までお問い合わせください。
    PDF提供元:東洋経済新報社
    ※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

     司馬遼太郎が『坂の上の雲』で描いたのは、20世紀初めの日露戦争までの数十年間だった。富国強兵と殖産興業によって、列強の一角に上り詰める時期の日本を生き生きと描いた。  100年後の日本は、司馬の描いた時代と正反対に、人口も、経済も、世界的な地位も、縮小、低下していく。まるで明治や昭和の高度成長期に駆け上がった坂道を、今度は数十年かけてゆっくりと下っていくかのようだ。  本書では2050年を中心に、30年から60年にかけての時間軸で、将来われわれの生活がどのように変わるのかを展望する。そのうえで、危機をチャンスに変えるきっかけを考えてみたい。

    • 3 out of 5 stars
    • 暇でないと。

    • 投稿者: nori 日付: 2018/07/01

    価格: ¥ 1,000

    • マイナス金利(週刊東洋経済eビジネス新書No.159)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 57 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

     2016年1月29日、日銀は電撃的なマイナス金利導入を決定した。2014年10月の量的・質的金融緩和発表に勝るとも劣らない黒田総裁一流の奇襲といえる。

    価格: ¥ 500

    • ビジネスに効く AI

    • 週刊東洋経済eビジネス新書No.221
    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 海老塚 久蔵
    • 再生時間: 1 時間 56 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 6
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 5

    優れたアルゴリズム、大量のデータ、高速なコンピュータ。3つの要素がそろい新たなAI時代が到来した。企業の現場でもAIの実用事例が増えている。だが、AIをめぐる誤解も多々ありそうだ。機械学習に適したデータか? 問題解決の手段はAI以外でも十分ではないか? 人や組織とAIが融合し最適化できるか? またAIビジネスにかかわる法的リスクとは…。基本をおさえてビジネスに効くAIに触れてみよう。  

    本書は『週刊東洋経済』2017年7月8日号掲載の26ページ分を電子化したものです。

    価格: ¥ 800

    • フィンテックで銀行はどうなる (週刊東洋経済eビジネス新書 No.213)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 51 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    迫り来る脅威か、それとも収益拡大の好機か。勢いづくフィンテックの潮流に、各銀行が熱い視線を注いでいる。フィンテックベンチャーに対する投資額も増加。フィンテックベンチャーの領域拡大や法制度改正の流れは…

    価格: ¥ 520

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • ...
  • 12