検索キーワード:ナレーター "松宮 森乃"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:138件
並べ替え:
    • 枕草子

    • 著者: 清少 納言
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 10 時間 36 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    ・・ときは平安。 背よりながく髪をのばし、絹織物を何重にもかさねて身に纏い、ろくに風呂にも入らず、重みのせいか陽に当たらず運動も足りない生活のせいかよろよろといざり動く女は、こちらを見て言い切る。 「春は、やっぱり暁方よね!」 ——だって空がなんともいえなくイイ!から!! かわいいもの、しょんぼりしてしまうもの、わたしの好きな花、あこがれの上司、今日あったおもしろいこと。 千年を越えてはいても清少納言がかいているのはむずかしいことではありません。現代語訳もいいけれど、彼女の筆致「そのもの」をあじわっていただければと思います。おしゃべりするように聞いてください。

    • 5 out of 5 stars
    • われながらビックリ

    • 投稿者: 匿名 日付: 2017/12/26
    • 著者: 清少 納言
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 10 時間 36 分
    • 配信日: 2018/05/16
    • 4.5 out of 5 stars 3件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 3,500

    • 掌の小説 全122編収録

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 14 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 7
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 7

    【スキマ時間にも味わう文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編です。 【監督】吉田純子【...

    • 5 out of 5 stars
    • 究極のショートショート

    • 投稿者: zfguntvi 日付: 2019/06/10

    価格: ¥ 4,000

    • ほどよく距離を置きなさい

    • 著者: 湯川 久子
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 2 時間 42 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    人間関係の中で生まれる小さなトゲや心のからまり。

    価格: ¥ 2,000

    • 初夜

    • 著者: 林 真理子
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 6 時間 55 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 3

     「この娘は、一生男を知らないまま、子宮を切り取られるのか」婚期をのがした娘の手術前夜、娘の傍らで眠る父の悲哀と甘やかな妄想を描く表題作ほか、バーで独り飲む女にバーテンダーが語った奇妙な体験「眠れる美女」、可愛かった妹の人生が低迷してゆくのを見守る兄の心理「いもうと」、初めての不倫にふみだす妻のためらい「春の海へ」、故郷の町に戻ってきた三人の女たちに渦巻くねたみと憎しみ「帰郷」など、直木賞作家の実力を堪能できる11篇の恋愛官能小説集。 

    • 著者: 林 真理子
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 6 時間 55 分
    • 配信日: 2018/08/26
    • 4 out of 5 stars 3件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 3,100

    • みだれ髪

    • 著者: 与謝野 晶子
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 1 時間 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君   おもいのままに鮮やかに、愛しい気持ちをうたいあげた本書は、発表当時「猥行醜態を記したる所多し人心に害あり世教に毒あるもの」(「歌の華」明治34年9月号)として糾弾されるほどのものであった。   むねの清水あふれてつひに濁りけり君の罪の子我も罪の子

    価格: ¥ 1,000

    • 月下美人

    • 掌の小説
    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 8 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    【数分で味わえる文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編のうちの1編です。川端康成の本質と深く関わる濃密な時間を、じっくりとご堪能ください。   監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史

    価格: ¥ 500

    • 有難う

    • 掌の小説
    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    定期乗合自動車に乗って、母親は町へ娘を売りに行くのである――【7分で味わう文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編のうちの1編です。川端康成の本質と深く関わる濃密な時間を、じっくりとご堪能ください。   監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史

    価格: ¥ 500

    • 掌の小説
    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 4 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    亭主を火事で亡くした女が泣き崩れて居るのを、武士は見た――【5分で味わう文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編のうちの1編です。川端康成の本質と深く関わる濃密な時間を、じっくりとご堪能ください。   監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史

    • 掌の小説
    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 4 分
    • 配信日: 2016/10/25
    • レビューはまだありません。

    価格: ¥ 500

    • 野草雑記

    • 著者: 柳田 国男
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 26 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 5

    『遠野物語』で名高い民俗学者・柳田國男が、長男と二人で郊外の一軒家に暮らすようになって十年。「最初私たちは久しい町の生活になれて、ささやかなる庭前の草をも容赦しなかった。」そうこうしているうちに・・・大正は遥か昔となりましたが、無性に懐かしい、日向の香りのする一編。朗読者は『枕草子』でお馴染み松宮森乃です。

    価格: ¥ 1,000

    • 眠れる美女

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 6 時間 58 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    潮のかおる闇に浮かぶ真紅の部屋。そこには美しい娘が眠っている。妖婦の嫣のある娘、小さい娘、可愛らしさが危うい娘、野蛮な匂いのする娘、やさしいやわらかさの娘、娘、娘・・・ その部屋に、娘たちにとって「安心の出来る」身となった老人たちが訪れる。もう行くことはあるまいと思った江口老人もすいよせられるように数を重ねる。——うつくしい娘たちは追憶を誘う。そして・・  表題作『眠れる美女』ほか『片腕』『散りぬるを』収録。 監督/吉田純子・編集/三好達也_武井寿夫

    • 5 out of 5 stars
    • これぞオトナの世界…

    • 投稿者: zfguntvi 日付: 2018/06/27

    価格: ¥ 3,000

    • 木綿以前の事

    • 著者: 柳田 国男
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 20 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    洋装にたいして著者は言う「湿気の多い島国の暑中は、裸でいてすらも蒸発はむつかしいのに、目の細かい綾織りなどでぴたりと体を包み、水分を含ませておく風習などを、どうしてわれわれが真似る気になったのであろうか。」それどころか革靴を履いて水虫栽培までしているのです、先生。・・民衆生活の歴史はつまるところ我々自身の昨日の物語である。

    価格: ¥ 1,000

    • 菜穂子

    • 著者: 堀 辰雄
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 5 時間 19 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    「愛」と「現実」にゆれる女。 堀辰雄の唯一のロマン(本格的長編物語)で、堀文学の到達点といわれる晩年の代表作です。主人公の女性、菜穂子の母が娘にあてて綴った遺書がわりの手記である「楡の家」と、その後日談である「菜穂子」の二篇からなり、1934(昭和9)年に「楡の家 第一部」が「物語の女」の表題で、1941(昭和16)年に「楡の家 第二部」が「目覚め」の表題で「文學界」に、「菜穂子」が「中央公論」に掲載された。「菜穂子」では結婚後、高原のサナトリウムに入院している菜穂子が幼なじみの都築明と再会し、自分の人生を考え直す。

    • 著者: 堀 辰雄
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 5 時間 19 分
    • 配信日: 2015/06/22
    • 5 out of 5 stars 2件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 3,000

    • こども風土記

    • 著者: 柳田 国男
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 2 時間 42 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    「米国・・の人から面白い手紙の問合せを受けた。もしか日本にはこういう子供の遊戯はありませんかという尋ねである」と始まる。そして、実際(少なくとも)滋賀県にあったのである。今なおつたわる遊び、想像するしかない遊びの数々を楽しんでいただきたい。そして丹念に調べ遺した著者の思いを感じていただけたらと、思います。

    価格: ¥ 2,000

    • 風立ちぬ

    • 著者: 堀 辰雄
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 3 時間 25 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 3

    昭和初期に活躍した小説家、堀辰雄の小説。自身は1923(大正12)年、19歳の時に堀辰雄は結核を発病した。自ら病みつつ、より病状の重かった婚約者に付き添って信州のサナトリウムに入った数ヶ月の経験をふまえて書かれたのが本作である。死を超えて存在する永遠の生と愛とを謳う、透明で純粋な詩情が高く評価された。「序曲」「春」「風立ちぬ」「冬」「死のかげの谷」の5章から成っている。宮駿監督の長編アニメ引退作となった作品にインスピレーションを与えた作品。

    • 著者: 堀 辰雄
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 3 時間 25 分
    • 配信日: 2015/07/06
    • 4.5 out of 5 stars 3件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 2,500

    • 屋上の金魚

    • 掌の小説
    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    千代子は夜になると飾鏡に映して金魚を見守った――【7分で味わう文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編のうちの1編です。川端康成の本質と深く関わる濃密な時間を、じっくりとご堪能ください。   監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史

    価格: ¥ 500

    • 野鳥雑記

    • 著者: 柳田 国男
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 49 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    「毎日のように成長し変化してゆく」「われわれの雀」の声、「一つ一つに流義というようなものが」ある雲雀の声・・・大人だけでなく、子供にもすこしずつこの佳編を聞いてほしい、そして身近なあれこれにもっと興味を持つようになってほしい、日々鳥の声を聞き分けて楽しんで欲しい。そんな願いも込めました。

    価格: ¥ 1,000

    • 母の手毬歌

    • 著者: 柳田 国男
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 26 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    この手毬はもちろんゴムではないし、絹糸でつくられた高価で美しいお姫様のための作品のような毬ではない。お母さんが「お正月に、木綿糸を巻いてこしらえ」てくれた毬である。この毬から、話は著者の母上が歌っていらした手毬唄へと流れていく。「社会と人生とを周囲の書物の間から」拾い上げようと書かれた一作です。

    価格: ¥ 1,000

    • 小さき者の声

    • 著者: 柳田 国男
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 52 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    「お月さま幾つ十三ななつまだ年は若いな」今も歌われるわらべうたですが、この歌が、和歌山で森岡でどう歌われていたか・・・ちなみに滋賀出身の親を持ち大阪で育った自分は「まだとしゃわかい」だと思っていました。子供の使うコトバに対する柳田國男の好奇心、観察眼、感性、そして満ちる愛情にほれぼれとさせられる一作。

    価格: ¥ 1,000

    • 夏の夜の夢

    • 著者: 岡本 かの子
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    結婚を待つある日、歳子は兄と一緒に音楽会へ行って帰りにベーカリーに寄って、そこで喰べたアイスクリームのバニラの香気が強かつたためか —— 寝つかれず、さまよいでた夜の木陰で見知らぬ青年に「今夜、うちの庭はとてもいゝですよ」と招かれる・・・ まさに贅沢なヴァニラアイスクリームのような香気のある短編です。

    価格: ¥ 1,000

    • 美しい村

    • 著者: 堀辰 雄
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 2 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    昭和初期に活躍した小説家、堀辰雄の小説。軽井沢を舞台にした連作小説で、別れた恋人への思いを断ち切るころ、新しい少女に出会う、少女の面影を、音楽的に構成した傑作『美しい村』は、バッハの遁走曲に思いついたという。プルーストの文体を日本語の散文の中に巧みに生かし、修飾語が多く息の長い緩慢なリズムとテンポで綴られた、「私」の創作過程を辿った新しい形式の「小説」。

    価格: ¥ 2,000

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • ...
  • 7