最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

バッタと鈴虫

掌の小説
著者: 川端 康成
ナレーター: 松宮 森乃
再生時間: 11 分
カテゴリー: 名作文学

30日間の無料体験終了後は月額980円。(最初の12か月間の特別価格。詳細はこちら)いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

そこに美しい灯が揺れるまでには一つの童話がなければならない――。【12分で味わう文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編のうちの1編です。川端康成の本質と深く関わる濃密な時間を、じっくりとご堪能ください。   監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史
(C) ことのは出版

カスタマーレビュー

レビューはまだありません。

同じ著者・ナレーターの作品