最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

一九三三年、私は「天皇」と同じ日に生まれた――東京オリンピックの前年、出稼ぎのため上野駅に降り立った男の壮絶な生涯を通じ描かれる、日本の光と闇……居場所を失くしたすべての人へ贈る物語。
【全米図書賞・翻訳文学部門 受賞作】
©柳美里 (P)2021 Audible, Inc.

JR上野駅公園口に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2021/03/06

ナレーションが

読み手が最低。聞き続けられない。
余計な感情表現が邪魔

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • まんげきょう
  • 2021/03/30

なんとも悲しい。

なんとも悲しい話し。
ナレーターが流暢な方言で語るのが、書籍では味わえない、朗読の良さだと思った。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • おちゃわん
  • 2021/03/09

力作

作者が意図した主人公の無念?が伝わってきます。
どうしようもない貧困と世の非合理が読む者の胸にに迫ります。人それぞれと思いますが、場面転換や文体に入り込みづらさがあります。