Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 脱GHQ史観の経済学 エコノミストはいまでもマッカーサーに支配されている

  • 著者: 田中 秀臣
  • ナレーター: 中川 典
  • 再生時間: 5 時間 6 分
  • 4.5 out of 5 stars (19件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『脱GHQ史観の経済学 エコノミストはいまでもマッカーサーに支配されている』のカバーアート

脱GHQ史観の経済学 エコノミストはいまでもマッカーサーに支配されている

著者: 田中 秀臣
ナレーター: 中川 典
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥3,000 で購入

¥3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら
activate_samplebutton_t1

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)による日本の「経済民主化」は、増税をはじめ今日まで続く緊縮財政策の起源の一つ、すなわち「経済弱体化」政策だった。GHQが掲げる緊縮主義に日本の緊縮主義者が相乗りし、経済や社会、文化をめぐる考え方にマイナスの影響を与えてきたのだ。「財閥解体や独占禁止法、過度経済力集中排除法の成立、さらには有力な経営者の追放が行われた。これらの政策は、競争メカニズムを形成するというよりも、戦争の原因になった大資本の解体による日本の経済力の弱体化が目的であった」(「第1章」より)。本書は国家を脆弱化、衰退化させる経済思想を、占領期のGHQと日本の経済学者の関係から再考察するもの。さらにアフター・コロナの「戦後」において、日米欧は中国共産党の独裁・統制主義の経済に対峙すべく、自由主義による経済再生に全力を尽くさなければならない。われわれが「100年に1度」の危機を乗り越えるための方向性を示す。

©Tanaka Hidetomi (P)2021 Audible, Inc.

脱GHQ史観の経済学 エコノミストはいまでもマッカーサーに支配されているに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    9
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    9
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Ama子ちゃんのプロフィール画像
  • Ama子ちゃん
  • 2022/10/11

戦後の日本に影響し続けるGHQとその史観

淡々としながらも非常に興味を惹かれる分析の一冊です。
図らずも影響を受けてしまっている人々、自ら積極的に利用する勢力。それらにどう対処していくべきかを考える時、意外にもトリエンナーレの本来掲げていたテーマがよぎります。著者の偏らず、理知的な考え方が素晴らしい。続編を待ちたい。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
おりゅうのプロフィール画像
  • おりゅう
  • 2023/04/26

自虐視感だけではない

GHQが現在の日本を造ったと私は考えます。善いことは何一つ無いとは言いませんが、今も昭和20年代の法律が有効だったり、60年召喚ルールは1907年の兌換紙幣時代の事だったりします。考え直す時期は既に過ぎ去り手遅れですが考えた事の無い方には善いきっかけにはなると思います。トランプ大統領、バイデン大統領の事については現在も日々情勢が変わっていますので、文中の出来事は嗚呼そーだったなぁ。。。と、ほんの数年前なのに随分以前の事のように感じました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
musashinoのプロフィール画像
  • musashino
  • 2023/07/01

緊縮財政が日本を滅ぼす

財務省の親分がGHQだということがよくわかる良書だと思う

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!