Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 円安好況を止めるな! 金利と為替の正しい考え方

  • 著者: 高橋 洋一
  • ナレーター: 長谷川 俊介
  • 再生時間: 5 時間 5 分
  • 4.0 out of 5 stars (21件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『円安好況を止めるな! 金利と為替の正しい考え方』のカバーアート

円安好況を止めるな! 金利と為替の正しい考え方

著者: 高橋 洋一
ナレーター: 長谷川 俊介
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥3,000 で購入

¥3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

「円安危機」はウソである。「物価の仕組み」から「金融政策」まで、

正しい知識と考え方を学べば、日本経済の問題点がよくわかる!

「近づく円安恐慌」「いよいよ始まる倒産連鎖」「間も無く訪れる株式の死」・・・。

為替が1ドル150円近辺と1990年以来の水準に達したことで、マスコミの報道ではセンセーショナルな見出しが躍り、一部国民の間にも不安の声が高まっている。しかし、円安は日本にとって大チャンスに他ならない。なぜなら、自国通貨安はGDPプラス要因になるためだ。事実、最近の企業業績は好調であり、IMFの予測でも日本は高成長率が見込まれている。

データを重視した数量理論を展開する髙橋洋一氏が、今回も多くのデータや図版とともに、得意の理詰めの論法で「悪い円安」論の虚像を論破する!

【内容】

円安はGDPにとってプラス要因/「外貨準備」は埋蔵金/利上げに喜ぶ金融業界/「貯蓄から投資へ」は矛盾だらけ/利回りが高い国債の仕組み/国際金融のトリレンマ/為替レートはどうやって決まるのか/「貿易黒字が得」「貿易赤字が損」は誤解/価格と物価を混同した「スタグフレーション」の誤用/企業物価が上がってもすぐインフレにはならない/デフレ脱却を目指す「リフレ政策」/「インフレ目標2%」は失業率低下が目的/マネタリーベースとマネーストックの違い/「マンデル・フレミングモデル」で説明できる経済成長/日本経済を蝕む七つの俗論・・・・・・等々

【もくじ】

序 章 円安がチャンスである理由

第1章 円高・緊縮病を患った売国奴

第2章 儲け話には裏がある

第3章 海を渡りつつ、悪例になるな

第4章 為替と物価のキホンのキ

第5章 日本経済を蝕む七つの俗論

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、PCサイトのライブラリー、またはアプリ上の「目次」からご確認ください。

©Yoichi Takahashi 2023 (P)2023 Audible, Inc.

円安好況を止めるな! 金利と為替の正しい考え方に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    14
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    4
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    3

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
M.Kのプロフィール画像
  • M.K
  • 2023/11/20

いつもながらスッキリしました

高橋さんはいつもだから、論点を明確にぶれることなく説明していただきます。本書もとても良い本でした。ありがとうございました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
Kindleのお客様のプロフィール画像
  • Kindleのお客様
  • 2024/03/22

岸田総理のこと嫌い?

大蔵省出身で大学で教鞭を執っている著者、財務官僚嫌いが文章の端々から迸っている。
貯金や国債推しで、国民が個々に投資する事には懐疑的。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Amazon カスタマーのプロフィール画像
  • Amazon カスタマー
  • 2023/09/29

素晴らしい

高橋洋一先生は財務省のご出身ながら希少な国民のみかたである。高橋洋一先生の本をもっとAudibleで出して欲しいです。
本当に素晴らしい内容でしかも分かりやすい。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
Kindleのお客様のプロフィール画像
  • Kindleのお客様
  • 2024/05/27

現実が見えていない

2024年5月現在の状況から、残念ながら著者の主張どうりにはなっていない。
①強烈に円安が進んだ2024年1月~3月のGDP成長率はマイナス
②最近の円安が利益にプラス影響と答えた企業はわずか7.7%、6割以上の企業はマイナス影響と回答(帝国データバンク調査)
③JETROの貿易統計からドルベースで輸出は増えていない

著者の主張には「~かもしれない」「~と思う」といった推測による記述が多く、肝心の部分では「売国奴」「左巻き」といったレッテル張りに終始しており、陰謀論者のような物言いは傍から聞いてて痛々しい。
政府の増税政策批判など同意できる部分もあるが、全体として社会に対する認識が10年くらい前で止まっている印象。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!