最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

著者: 立石 美津子
ナレーター: 楠木 華子
再生時間: 4 時間 41 分

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(Android:アプリバージョン2.40以上、iOS:アプリバージョン3.11以上)

内容紹介

育児書で大人気『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』の著者による、
初の発達障害児に関する育児書!

自閉症児(16歳)を子育て中の著者が、自身のエピソードや、発達障害児を持つさまざまな親の話を交えながら、子どもがのびのび育つための子育てのポイントを紹介。

障害受容、療育選び、カミングアウト、学校選びなど、子どもの将来を左右する大切な〈分岐点〉で後悔しないためのヒントをアドバイス。
発達障害の子を持つ親御さんに、〈将来の見通し〉を持った子育ての大切さを伝えます。

実は16年、自閉症児の親をやっています。
たくさん悩んだけれど今は幸せです。
●他の子との「比べる病」に要注意!
●子どもなりのペースで着実に成長します
●その子に一番あった園、療育、学校選び
●才能の「温泉堀り」をしない
●周りの人にどんどん助を求める・・・

変わるのは子どもではなく親。
×健常児に近づけようとする
→子ども困惑、親イライラ
○その子にあったサポートをする
→子ども快適、親ニッコリ

子育てで後悔しないために---

目次

はじめに
第1章 自閉症児を16年間育てて見えたこと

■後ろ向きでガチガチ頭だった私
・自己肯定感の低い「いい子」で育った
・出産時に抱いた違和感

■理想通り育てたいのに、うちの子どこか変・・・?
0歳ら英才教育をしても、人に無関心のまま
・保育園で明らかに他の子と違う
■まさかの自閉症の告知。目の前が真っ白に
・どうして、うちの子が・・・・
・食物アレルギーだけでも大変なのに!
・1年間の病院巡り
■暗闇から救い出してくれた先輩ママ達の存在
・「自閉症協会親の会」に入る
・手づかみ食べの悩みに「世界では普通よ」
~後略~
©Mitsuko Tateishi,Hironobu Ichikawa2016

カスタマーレビュー

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。