最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

カオスな新規事業の現場で必ず役立つ!
 

リクルートホールディングスの新規事業開発室長として1500の事業を支援し、自らも起業した著者が膨大な失敗と成功の末に掴んだ「超具体的方法論」

 

この本で学べるノウハウ
 

・「ふつうのサラリーマン」を社内起業家へと覚醒させるWILL(意志)の育み方
 

・新規事業開発における「チームの組み方(人数・役割)」の正解
 

・新規事業6つのステージ別「やるべきこと」「やってはいけないこと」
 

・初期に重要なのはビジネスモデルでも技術でもなく「顧客起点」
 

・優秀な人ほどやってしまう「間違った新規事業開発手法」とは
 

・顧客のところへ「300回」いけ
 

・「画期的なアイデア」が生まれるのを待つな
 

・サービスのリリース直後にマーケティングはするな
 

・最初、世間は驚くほどあなたの事業を拒絶する。だが気にするな
 

・社内会議で正論を語るのは事業家としての「甘え」
 

・重箱の隅をつつく社内会議には「数値の分解」で応じろ
 

・組織的に重要なのは「特区」でも「子会社化」でもなく、決裁権限を降ろすこと

 

目次
 

第1章 日本人に起業より「社内起業」が向いている理由
 

第2章 「社内起業家へ」と覚醒するWILL(意志)のつくり方
 

第3章 最初にして最大の課題「創業メンバーの選び方」
 

第4章 立ち上げ前に必ず知るべき新規事業「6つのステージ」
 

第5章 新規事業のつくり方(Entry期~MVP期)
 

第6章 新規事業のつくり方(SEED期)
 

第7章 「社内会議という魔物」を攻略する
 

第8章 経営陣がするべきこと、してはいけないこと
 

最終章 「社内起業家」として生きることの意味

 

「事業を立ち上げる力」は、人生100年時代唯一のポータブルスキルだ。(本文より)

©2019 Yoichi Aso (P)2021 Audible, Inc.

新規事業の実践論に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。