Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 国民のための経済と財政の基礎知識

  • 著者: 高橋 洋一
  • ナレーター: 茶川 亜郎
  • 再生時間: 4 時間 49 分
  • 4.5 out of 5 stars (106件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『国民のための経済と財政の基礎知識』のカバーアート

国民のための経済と財政の基礎知識

著者: 高橋 洋一
ナレーター: 茶川 亜郎
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥2,500 で購入

¥2,500 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

あなた、本当にわかってる? 基本を理解していないと、誤解を招き、ダマされる!

 

これまで自分にはよくわからないことゆえ、信用して鵜呑みにするほかなかったお上の論理も、マスコミの盲点も、何より根拠が見いだせないバカな経済論の数々を、本書を読むことによって自分で見抜けるようになるだろう。
 

将来、とくに経済面について漠然とした不安を抱くのは、もうやめにすべきだ。本書を通じて、しっかりした根拠に基づき、シンプルにものをとらえ、考える力がつけば、いままでいかに政治家や官僚から都合よくダマされ、マスコミやバカな経済論者に翻弄されてきたのかがわかるはずだ。真実味のない「大暴落」「崩壊」「沈没」「破綻」などの言葉に一喜一憂しなくて済む。日本の「どこがよくて」「どこがダメなのか」もよく見えてくるだろう。

 

【本書の内容】
 

失業率とインフレとデフレの関係/マネタリーベースと為替の関係/「世の中のお金の量」は日銀が調整している/金利は「ゼロ」以下にもできる/株価で経済を読もうとする間違い/日本は負債も多いが資産も多い/わかってる?国債の仕組み/MMT論者とリフレ派/デフレの原因が人口減少という間違い/貿易収支と経済成長率は無関係/日本の経済格差は微小/ベーシックインカムの何が問題か?/財政再建のための増税は必要ない/消費税は社会保障に適さない

©2021 Yoichi Takahashi (P)2021 Audible, Inc.

国民のための経済と財政の基礎知識に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    70
  • 星4つ
    22
  • 星3つ
    11
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    54
  • 星4つ
    19
  • 星3つ
    10
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    4
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    54
  • 星4つ
    19
  • 星3つ
    11
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    3

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
まさあきのプロフィール画像
  • まさあき
  • 2022/07/19

必須の知識!

日本国民必須の知識だと思います。国や外国の横暴に立ち向かい、より良い社会を築くために、義務教育で取り組んでもらいたいです。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
keroのプロフィール画像
  • kero
  • 2022/09/04

基礎知識のハードル高め(30代の男性)

最近、政治経済への興味からYouTubeで高橋先生の動画を観ることがあり、流れで本書も聴いてみました。
専門用語や経済理論が多く登場し、タイトルに反して難しい印象を受けました。大学の教科書あるある、『やさしい〇〇学入門』が全然分からないみたいな感じです(笑)

ただ、それでも高評価寄りなのは、日本の大衆メディアのレベルが低い事や、一次情報に自分で触れて考える大切さなどの情報リテラシーについての記述があったためです。

政経知識は今後徐々に身につけていくとして...、理解できた政経のトピックもいくつかありますが、データを理解する理数素養や情報処理能力について考えさせられる学びがあったと、政経素人の私には感じました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
tomoのプロフィール画像
  • tomo
  • 2023/11/02

為になりました

内容もわかりやすくて、大変良かったです。為になりました

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
そっくんのプロフィール画像
  • そっくん
  • 2024/01/14

おもしろかった

理系出身の人が書いた経済の本は信用できるなあ、と思いながら聞いていました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
桑原正英のプロフィール画像
  • 桑原正英
  • 2022/04/10

大方納得できるが

新聞の発行部数が減ってるのは国民が新聞はまともな情報を書いてないことがわかったから。と述べているがスマホでニュース見れるからなのではと思った。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
H iro2022のプロフィール画像
  • H iro2022
  • 2022/03/20

日本国民として知るべきことが、ここにある

バブル景気で恩恵に預かり、その後の崩壊やらデフレで苦しんでる国民として目から鱗でした。

今を生きる全ての日本国民が知るべきことがここにあります。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
evaのプロフィール画像
  • eva
  • 2022/08/29

入門にぴったり

経済や財政について学ぶにへ最適です。
最後の用語説明は何度も聞きたい。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
匿名のプロフィール画像
  • 匿名
  • 2022/12/26

ためになる本

為になる。
みんなが知るべき知識の宝庫
わかりやすい
私のバイブル

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
Ticklerのプロフィール画像
  • Tickler
  • 2022/08/20

統合政府のバランスシートは健全の論拠が不明

政府と日銀を統合政府にしてもバランスシートを書くと、国債が行って来いの関係で消えるにしても、借方には日銀当座預金残高が残るはずで、いくら低金利でもそれなりの利払いが残るはず。ところが、著者の説明では、借方は銀行券、つまり紙幣だけとのこと。おそらく読者のレベルに合わせて、便宜的に日銀当座預金残高も紙幣発行高に含めて説明したと思われる。それは、今の低金利が永久に続いて利払を気にしなくてもいい前提なのだろうか?
こういう人が安倍内閣のブレインだったのかと思うと、ちょっと怖い。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
テルキのプロフィール画像
  • テルキ
  • 2022/03/22

基礎知識というわりには小難しい

本書のスタイルが世に蔓延る通説を一つづつ批判していくスタイル。なので通説を知っておりその元となる話も知らないと置いてけぼり。
「なるほど、そんな考え方もあるのか」ということも多々あり面白かったが、人には薦めることはない。終盤は特に面白かった
今日日批判ばかりなのは上から目線的で嫌がられるだろうなぁ

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!