最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

メゾン・ド・ポリス

退職刑事のシェアハウス
著者: 加藤 実秋
ナレーター: 大塚 さと
シリーズ: メゾン・ド・ポリス
再生時間: 8 時間 28 分
カテゴリー: 現代文学
4.1 out of 5 stars (22件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

 柳町北署の新人刑事・牧野ひよりは、念願かなって刑事になったものの、仕事はお茶汲みやコピー取りばかり。


そんなある日、所轄内で殺人がネットで生中継されるという事件が発生。
どうやら四年前に起きた事件の模倣犯らしい。
ひよりは上司の刑事から、四年前の事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎の話を聞いてこいと命じられる。


メモの住所を頼りに辿り着いたのは、蔦で覆われた大きな三角屋根の古びた洋館だった。
その門前で掃き掃除をする惣一郎に声をかけるが、惣一郎は「断る」の一点張り。
すると謎の老人が現れ、「まあお入り。ちょうどお茶の時間だ」と告げて洋館にひよりを招き入れた。
そこはなんと、退職刑事専用のシェアハウス<メゾン・ド・ポリス>だった!


元熱血刑事、元科学捜査のプロ、元警視庁幹部、元事務員。


老眼、腰痛、高血圧だが、腕は一流のくせ者おじさんたちと事件を追うと、思いもよらぬ真相に辿り着き――。   
 

©Miaki Kato 2018 (P)- KADOKAWA

メゾン・ド・ポリスに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    11
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    10
  • 星3つ
    5
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 永田 寿幸
  • 2019/05/30

オーディオブックのむずかしさ

面白く聞かせてもらったが、これだけ男の人が出てくる作品でなぜ女の人がナレーションだったのか? 決してナレーションが悪かったわけではなく、わたしのイメージとは合わなかった。 聞き手それぞれに、好みがあるので、個人的感想。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • minerva2050
  • 2019/02/04

ナレーターが最高、一気に聴き終えた!

テレビドラマは5分で見終えた、つまらない。 聴くというのは聴き手の想像力次第ということになるのでしょう、ひよりはかわいいし、メゾンはクラシックで美しい。 オーディブルはナレーター次第ということになるのでしょう、もちろん原作が面白いことが一番です。