2か月無料キャンペーン中。今すぐ聴こう。

2か月間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

ミステリー界に新たなヒーロー誕生!? それは、国立署の新米刑事にして世界的な企業グループの総帥の娘という宝生麗子、ではなくてその家の執事影山なのだ! 執事が安楽椅子探偵になった日本初のミステリー。
©2012 Tokuya Higashigawa (P)2021 Audible, Inc.

[1巻] 謎解きはディナーのあとで: (小学館)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 鹿田昭仁
  • 2021/09/01

野太い声?(笑)

ここ最近殺伐とした推理ものばかり聴いていたので、気軽に楽しめて良かったです。
といっても私には最後の話の謎以外、説明されるまで分かりませんでしたが(笑)
声優さんは弱キャラ友崎くんでお世話になった方でしたので、安心して聴けましたが、さすがに執事の押し殺した声や、犯人の野太い声のシーンでは無理があるかなと思いました。まあどうしようもない部分かと思います。
とても楽しませて頂きました。次回作これから聴いてきます。