会員特典

・専用アプリでいつでもどこでも。
・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
・いつでも退会可能。

あらすじ・解説

第三次世界大戦がすでに始まっている! ?
そもそも世界大戦とは世界覇権を賭けた戦争だ。
第一次世界大戦は英国覇権に対して独墺が、
第二次世界大戦は英米覇権に対して独(日伊)が挑んだ。

今回の大戦は兵器を使った従来の軍事戦争ではなく、
ドルと金融システムによる覇権を米国が守るか失うか、
中露やEUが覇権を分割するかどうかの金融戦争である。
史上最高値を更新するNY株式市場や債権市場は、
一見米国の独り勝ちを思わせるが実際は違う。
その実態はリーマン危機に始まる金融システムの崩壊を、
QEによって辛くも凌いできた結果のバブル経済にすぎない。
現在、この米国・ドル覇権を見限る動きが世界各国で始まっている。

そしてそれを決定づけたのが、
OPECによる原油減産見送りだった…。
水面下で火蓋を切った金融世界大戦の主役は?
その勝敗は?
リーマン危機を超える金融のシステム崩壊とは?
大戦後の世界はどうなるか?
そして、米国のQEに替わるべく
追加金融緩和をしたアベノミクス日本の運命は?
国際政治ジャーナリスト田中宇が世界情勢の真相を分析する話題作!

【目次】
第1章 ドル崩壊が近い!
●アメリカ 虚像の好景気
●ドル崩壊の兆候

第2章 覇権の世界史と「多極化」
●世界の根幹にある覇権の変動
●覇権の起源:パックス・ブリタニカ
●「多極化」で読み解く政治史:1914~

第3章 米国金融覇権の時代
●レバレッジ型金融革命
●金融覇権の仕組み

第4章 第三次世界大戦はすでに始まっている
●「世界大戦」とは覇権をめぐる戦い
●中国と手を組みロシア
●BRICの覇権戦略
●対米従属に固執する日本
●金融世界大戦の新局面
©2015 Sakai TanakaPublished in Japan by Asahi Shimbun Publications Inc. (P) 2017 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    9
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    9
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2
並べ替え:
  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • gv
  • 2018/04/28

独善

そういう見方もできるなという事を、さも当然そうなのだと断定して語る、悪く言えば詐欺師のやり口。経済っていろんな見方があり、財政政策、金融政策には見る角度によって、良いやり方にも悪いやり方にも見えるが、この本では独善的で、さもこれが正解だとだんていしてかたられる。ポジショントークでしか無い。1つの見方として、参考にはできるかも知れないが、全く信用はできない

8人中5人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • いっきょりょうとく
  • 2018/05/21

第三次大戦

金融という第三次大戦が始まっているようです。日銀による市場への量的緩和とよくニュースで聞きますが、何故それで簡単にインフレにならないのか始めてわかりました。現代では市場にある現金よりめ金融商材の影響が多く、あんまり影響ないみたいです。

1人中0人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。