最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

なぜ金利が上がると債券は下がるのか

著者: 角川 総一
ナレーター: 中川 典
再生時間: 5 時間 47 分
価格: ¥ 3,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料が用意されています。

ご購入後、PC上でAudibleのホームページを開き、「ライブラリー」をご確認ください。

※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

「債券と金利については、もうこれ以上はやさしく語ることはできません」。 本書の特徴を一言で言うとすれば、こうなります。 債券、金利は、経済全体を理解する上でとても大事。それはわかっている。 そこでいくつかの債券、金利の初級本を読んでみた。 しかし、最初の10ページでギブアップ! こんな人にぜひ読んで、聞いてもらいたいのがこの本です。 本書では債券を語るのに、まず「僕の友達が債券を発行しました」「そしてそれを僕が引き受けました」という実話から始まっています。 「えっ!個人でも債券が発行できるの?」 こんな風に思われますね。 そう、だれだって債券を発行することはできるのです。 さて、どのように? 債券の本質を語るにはこうした事例が最も分かりやすいはずです。 本書では債券、金利について本当に重要なことだけを、できるだけ丁寧にゆっくりと説明することに意を尽くしました。 債券といえば、ちょっぴり理屈っぽいところがあるため、この手のオーディオブックではなかなか伝わりにくい分野です。 しかし、本書を一読ならぬ一聴していただくと、目からウロコ、「耳学問でもこんなところまで債券、金利について理解できるんだ」とお分かりいただけるはずです。 是非、そんな経験をしていただきたいと思います。

©ビジネス教育出版社 (P)2019 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

レビューはまだありません。