Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 3,300 で購入

¥ 3,300 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

ビジネスパーソン1万8000人を
定点カメラ・ICレコーダー・GPSで調査、AI分析した
働き方の結論。

効率よく成果を出す人には、シンプルな「共通点」があった!


「働き方改革」がはじまり、
・残業できない
・仕事が終わらない
・休みたいけど、休める状況ではない
……など、ネガティブな思いを抱いている人も多いのではないでしょうか。

本書は、そんなビジネスパーソンに、
「効率よく成果を出す方法」を紹介する1冊です。

著者の越川氏は、IT企業、日本マイクロソフトの業務執行役員などを経て、
現在、働き方改革の支援をする会社の代表を務めています。

その仕事の中で、クライアントの困りごとである
・残業できない
・人を増やせない
・でも仕事量は変わらない
という3大課題を解決するために、確立したのが本書で紹介する「トップ5%社員の習慣」です。

トップ5%社員は、特別な能力や才能に長けているというよりは、
「仕事が早く終わるツボ」を心得ている人です。
そのため、本書で紹介する仕事術は、誰でもできるもの。

・常に時間に追われているのに仕事が終わらず、努力だけでは限界を感じている人
・働き方改革やテレワーク導入を機に働き方を見直したいと思っている人
必読の1冊です。

トップ5%社員の五原則
1 「目的」のことだけを考える
2 「弱み」を見せる
3 「挑戦」を「実践」だと捉える
4 「意識変革」はしない
5 常に「ギャップ」から考える

©2020 Shinji Koshikawa (P)2020 Discover 21, Inc.

AI分析でわかった トップ5%社員の習慣に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    30
  • 星4つ
    15
  • 星3つ
    6
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    24
  • 星4つ
    10
  • 星3つ
    10
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    2
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    27
  • 星4つ
    9
  • 星3つ
    8
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • コヨーテ
  • 2022/07/06

トップ5パーセントの人の行動理由が少し理解できました

私は動き回るのではなく、じっくり長期的に取り組みたいタイプなので、トップ5パーセントは無理だなと思いました。
結果重視なのは共感できます。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2022/05/12

初めてのビジネス書

 大変面白かったです。初めてビジネス書に触れましたが、こんなに頭に入ってきやすいものもあるんだなと思いました。わかりやすく言葉選びされているのだろうなと感じました。

 日々取り入れやすいことがたくさんあったので、「私も5%社員に近づけるかも?」なんてちょっと思わせられます。

 「腹落ち」という耳慣れない言葉が何度も出てきましたが、「理解」より「納得」よりしっくりくるなと思います。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 白鳥
  • 2022/02/21

とても良い本でした!以下自分なりのまとめです。

クライアント企業25社の協力のもと、5%のデキる社員と95%の一般社員、合計約1万8,000人の働き方をリサーチし、収集したデータをAIと専門家で分析した。その結果からあぶり出された、「5%社員」と「95%社員」の違いをまとめたのが本書。

血糖値コントロール:9時から17時の勤務時間内でパフォーマンスを最大化するために血糖値の変動をできる限り抑えて最高のコンディションを保つためのプログラム。
朝…タンパク質と適度な糖質で体を温める。
10時…りんごをかじる。
昼…野菜とタンパク質中心、食後にミネラルウォーターとコーヒーを飲む。
15時…ピーナッツとドライフルーツを食べる

小さく始め修正しつつリスクを最小化!
何にどのくらいの時間を割いてるかを確認!
グーグルアラートやRSSを使う!
5つのTo do 管理ツール、便利ショートカット10選!
金曜に一週間の行動の効率を内省をする!
ダ行の代わりにサ行を使う!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2021/12/29

実践あるのみ

当たり前のことをやる行動力と持続力が大切であることがわかった

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • アンダ
  • 2021/11/03

行動の大事さ

自分ができる上司に他の人との食事に連れていってもらい1トピック自分から切り出して話してみると言う課題をもらっていました。
今ではそれを日常的にやっていますが、このことを知っていた上司であると気付け、環境に恵まれていたことに気付かされました。
次はこれを誰かに伝えたいと思います。