最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術

著者: DUKE。
ナレーター: 菅原 拓真
再生時間: 4 時間 11 分
5 out of 5 stars (8件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(Android:アプリバージョン2.40以上、iOS:アプリバージョン3.11以上)

普通の会社員の個人投資家が、2016年の厳しいマーケットでも
たった3カ月で1億円儲けた買い方、売り方をすべて教えます!
 

著者は、日中フルタイムで働く普通の会社員です。いわゆるサラリーマン投資家です。
勤めている会社も金融系ではなく、まったく株とは無縁のメーカーの社員です。
 

夜遅くまで働くことも多いので、
株式投資にあてられる時間は、帰宅後のわずかな時間と週末だけ。
会社の勤務中は、当たり前ですが株の売買はできません。
 

そのような環境でも、株式投資で「億」の資産を稼いでいます。
兼業投資家に適した投資のやり方があるのです。
 

最大のポイントは、「株は新高値で買え」というものです。
 

一般的に、株式投資は「安値で買って、高値で売る」と言われていますが、著者の投資術は、「新高値をつけた銘柄を買って、さらに高値で売る」という、米国の著名投資家ウィリアム・オニールの投資法をもとにしたものです。
 

チャートを利用して成長株を探し出して、
会社のビッグチェンジ(新製品、新業態、新事業、新経営陣による大変革など)の波、ひいては、株価の大波に乗るというやり方です。
 

この投資術は、デイトレのようにパソコンに張り付く必要はありません。
毎日、30 分程度の作業で、2倍、3倍、ときには10倍以上に大化けする銘柄を探します。
作業は、帰宅後のわずかな時間を利用してできますし、
中長期的な投資なので、仕事をしている兼業投資家に適した投資術です。
 

本書には、この投資術の仕組みから、大化け銘柄の見つけ方、買いと売りのタイミング、
そして、1勝4敗でも勝てる損切りのルールやポジションサイズ・マネジメントまで、
著者の経験をもとに、勝つ投資家、負けない投資家になるための攻め方と守り方が書いてあります。
 

株式投資の新常識「新高値で買って、さらに高値で売る!」が、
あなたを勝つ投資家、負けない投資家に変えます!
 

©DUKE。 (P)2018 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。