最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

この話の背景となっているのは大恐慌直後のアメリカ株式市場であり、すべての価値は劇的な下落を経験していた。ワイコフが繰り返し主張しているような、正しいトレード法を身につける必要性をこれほど切実に感じた時代はほかにはなかっただろう。ここで述べられている基本原則は、トレンドの読み取り、相場への参入と撤退の見極め、リスクの限定など、いずれも後代のテクニカル分析書に取り入れられ、詳しく説明されているものばかりである。しかし、高度なテクニックを身につけることも大切だが、その基にある原則に立ち返って、それを確認し、使いこなせるようになることもそれに劣らず重要である。(訳者あとがきより) ※本商品は「ストックマーケットテクニック 基礎編」(パンローリング刊 リチャード・D・ワイコフ[著]/鈴木敏昭[訳] ISBN:4-7759-7029-1 224頁2,310円(税込))をオーディオ化したものです。(C)Toshiaki Suzuki 2004
Pan Rolling, Inc.

ストックマーケットテクニック 基礎編に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • Iny
  • 2020/08/11

無駄です、止めましょう。

無駄な時間とお金の消費でした。
投資ではチャートが大事、自分で決める
、という2言だけで終わる内容でした。
誰かの自慢話と失敗した他の人を小馬鹿にする話が延々と50章近く、よくぞこんな無駄なエピソードばかりを集めたものです。
YouTubeなどでまともな方のチャート分析や、投資心理についてなど、短時間で身になるものは他にあります。