最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

人間の深奥に潜む、弱く、歪んだ心。どうしようもなく罪を犯してしまった人間と、それを取り巻く人々の業と哀しみを描ききった珠玉の5篇。2007年『悪人』、14年『怒り』、そして……著者最高傑作の誕生。
(C)Shuichi Yoshida 2016

犯罪小説集に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    24
  • 星4つ
    15
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    27
  • 星4つ
    13
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    21
  • 星4つ
    15
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    3

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Most
  • 2018/06/16

日常の殺意

ごく普通の生活の延長上にある殺意が、すっと寒気がするほど当たり前の存在のように描かれる。吉田さんの作品は生々しくて、正直好きではないのに、何か心に引っかかって読んでしまう。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • たらむ
  • 2018/05/23

日常に潜む犯罪。

社会の闇といった部分。 ミステリー、警察、探偵などはない。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 白い鏡
  • 2018/08/11

犯罪に至る描写が卓越

人間が犯罪に至る描写が卓越しています。犯罪を犯した後の儚さも。騒ぎのあとの空虚さも。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2019/12/30

hahahah

interesting hahahahahahaa

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 星長春
  • 2019/06/11

さすが吉田修一

さすが吉田修一。「手練れ」です。小説はほどんど読まないが、吉田修一は一読、いや一聴の価値あり。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ささがわ
  • 2019/04/24

朗読はいいのだけど、間のとり方が気になる

内容、朗読はとてもよいです。 ただ、容量の問題なのか、章ごとの時間の間がほとんどなくて、登場人物の視点や場面の切り替えがわかりにくく、聞いていてやや混乱しました。紙で読んだほうが、理解しやすそうです。

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • Kindler
  • 2019/02/28

驚きがない

なんか物語がのっぺらぼうみたいで、面白くなかった。朗読は上手かったです。

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • 星の王子
  • 2018/05/31

イミフ

一つの話ではなく脈略のない短編小説を集めたものでどれもオチがなく中途半端 最後に関連するのかと思えばそれもなく時間のムダだった