最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

内容紹介
山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

<あらすじ>
因幡国鳥取城主・池田光政の近臣である青地小平太は、横紙破りで有名であった。小平太は、たとえ名君と名高い主君であっても、遠慮無く諫言する男であった。「いつか眼に物見せてくれる」と常日頃から考えていた光政は、ある日、小平太の不意を突き、小平太を台地から突き飛ばしたのだが……。
『親しき仲にも礼儀あり』『喧嘩するほど仲が良い』そんな言葉が真っ先に浮かぶ作品です。
視聴後、「自分もこんな関係性を作ることができたら良いのになぁ……」と羨ましくなるのではないでしょうか?
©2020 PanRolling

喧嘩主従に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。