価格: ¥ 3,500

会員特典 会員特典
  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額1,500円。いつでも退会できる。
  • 無料体験後は、毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入。
  • 購入したタイトルは退会後もあなたのもの。
  • 会員ならどのタイトルでも30%OFFで購入可。
  • タイトルの返品・交換可能。
  • 追加料金なしで楽しめるコンテンツも。
OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

拭い去れない過去の罪悪感を背負ったまま、世間の目から隠れるように暮らす“先生”と“私”との交流を通して、人の「こころ」の奥底を、漱石が鋭い洞察と筆力によって描いた不朽の名作。過去に縛られ、悔やみ、激しい葛藤のなかで身動きのとれなくなった“先生”の人生の様はあなたに何を訴えかけるだろうか。人は弱いものなのか…、シンプルでもありまた不可解でもある人の「こころ」のありようを夏目漱石が問いかける。人はどのように救われるのか?(C)青空文庫
(C)青空文庫

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    20
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    18
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    17
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 矢崎ひかり
  • 2018/05/01

文体に合った、落ち着いたナレーション

漱石流「投げっぱなし」文学の集大成である本作。
このあとクライマックス、というところでぷつりと終わり、読者の想像を掻き立ててくれます。
「先生」の落ち着き払った、それでいて哀しみを抱える心の内にバリトンボイスの抑揚を抑えたナレーションがぴったりはまり、聴き終えた後には想像の翼がさらに広がります。

5人中4人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。